「うるわしの宵の月 4巻」第13話 ネタバレ感想

IMG

こんにちは!もちねこです

「デザート 2022年2月号」よりやまもり三香先生の「うるわしの宵の月」の紹介です

もちねこ

この物語は・・・

周囲に「王子」と呼ばれて少女漫画のヒーローポジ扱いされている女の子の「宵(よい)」が

自分と同じく、みんなから「王子」と呼ばれる市村先輩と出会ったことで始まるラブストーリー

見た目「王子」の宵に素敵な恋が訪れるのか?

やまもり三香先生らしいときめきにハートがノックアウトされること確実な作品です

1巻 第1話 第2話 第3話 第4話
2巻 第5話 第6話 第7話 第8話
3巻 第9話 第10話 第11話 第11.5話 第12話
注意
この記事は「うるわしの宵の月」のネタバレが含まれます。
ネタバレNGの方は閲覧にご注意をお願いします

「うるわしの宵の月」第13話 あらすじネタバレ

IMG

画像引用:デザート 2022年2月号より

琥珀の言葉に意識してしまう宵

琥珀に「妬いているだけ」と言われた宵

言葉の意味を考えてグルグル・・・

店でカレーを食べている琥珀の姿はいつもと変わらない

ただ・・・目が合わない・・・

父親に「宵!」と声をかけられて、ドキッとして持っているコップを落とす宵

そのコップをキャッチする大路くん

大路くんは、ボーっとしている宵のことを心配してくれる

宵は、大路くんとの会話が琥珀に聞こえているんじゃないかと不安・・・

その時、立ち上がって帰って行ってしまう琥珀

思わず、琥珀を追いかける宵

「先輩!」と声をかけるが、琥珀は「じゃあね」と言って帰って行ってしまう

やきもち?

仙太郎と春から「(今の態度は)冷たいんじゃない?」と言われる琥珀

憮然とした顔の琥珀

「もしかしてヤキモチやいてる?」と冷やかされて、ムスッとした顔で、「ヤキモチを妬いちゃダメなの?」と答える琥珀

琥珀の機嫌の悪さに、「あいつでも嫉妬とかするんだなー」と驚く仙太郎と春

琥珀以外に口説かれたら?

琥珀の態度にもやもやしている宵

家で、ラインの中に残る琥珀との会話を見つめている

そこに帰ってきたのが宵の姉

姉は、店に新しくきたバイトくんが宵のカレシだと勘違いしている

宵は、否定する

さらに、例の人とは、まだ付き合っていない・・・と姉に言う

姉は「なんで?」と聞いてくる

いまひとつつかみどころがない相手で、お互いの気持ちもはっきりしていないことを話す宵

例の人が好きっていうのは、わたしの容姿ばかりで・・・と悩む宵に、姉は「ええ!もうちょっと流れに身を任せたら?」と呆れている

「じゃあさ!宵は、その人じゃなくてもときめくの?」と聞かれ、あれ?と思う宵

 

琥珀以外の人が、琥珀と同じことを言って口説いてきたら?と考えるのです

家庭科で作ったお菓子

家庭科の授業でマフィンを作る宵

「先輩(琥珀)に持っていったら?」と言われ、2年生の教室へ行く

琥珀以外の2年生に話しかる

2年生の男子が、琥珀は職員室へ行ったよ・・・と教えてくれる

その2年生が宵のことを「イケメンだー」と言っていて・・・

ふと、全然ときめかないな・・・と思ってしまう宵

 

そこに、職員室から戻ってきた琥珀が現れる

「なにしてるの?」と話しかけられて、ドキドキした宵は、足を踏み外し階段から落っこちそうになる

宵を受け止める琥珀

先輩に抱えられる形で助けられ、真っ赤になる宵

真っ赤になっている宵を見て、つかんでいる手をパッと離す琥珀

慣れていないから!

一緒に帰るふたり

宵のカバンの中にはマフィンが入っていて、いつ、琥珀に渡そうかタイミングをはかっている

しかし、タイミング悪く大路くんから電話が入る

出る宵

「バイトが遅れそうだと店長に伝えておいてください」という大路くん

宵が電話を切ったら、琥珀が、機嫌の悪い顔をして、大路と連絡先を交換しているのがおもしろくないと言い出す

「あいつは、あきらかに宵ちゃんに気がある」

琥珀の言葉に「はあ?」となる宵

そして、琥珀だって、スマホにたくさんの女の子の連絡先が入っているじゃないですか?と言う

琥珀は、自分のスマホを取り出して「今、消す」という

宵は、あわてて、そういうことをしてほしいんじゃないという

そして、昨日の「妬いている」を含めて、気があるようなことを簡単に言うのをやめてほしい。と言う宵

先輩は女の子相手に、そういうことを言うのに慣れているのかもしれないけれど・・・という宵に「慣れていない」という琥珀

ムキになって「慣れていない」といった自分自身に琥珀自身が驚いている

宵も、琥珀の言葉に驚いていて・・・

琥珀は、「帰るわ・・・」と言って帰っていっちゃうのです

「うるわしの宵の月」を無料で試し読み!

もちねこ

はじめて胸に渦巻く「嫉妬」という感情に、琥珀本人が戸惑っている様子がよくわかります~

もう・・・甘酸っぱいですね~

宵は、琥珀のことを意識しつつも、自分が傷つかないために防波堤を張ってる感じ?

もどかしい二人の姿に胸がキュンキュンします