ネタバレ感想「星降る王国のニナ 6巻」第25話

IMG

身代わりの姫としてガルガダ大国に嫁ぐことになったニナ。

決して知られてはいけない秘密を抱え、王宮の中で運命に翻弄されながら、一生に一度の恋に出会う。

IMG宿命を背負う王宮ファンタジー「星降る王国のニナ」どんなお話なのかチェック!

今までのあらすじ

ふりかえり

セト暗殺の容疑で収容所へ行くことになったニナ

だけどたどり着いたのは監獄だった

前話(第24話)はこちらから
注意
この記事は「星降る王国のニナ 6巻」のネタバレが含まれます

「星降る王国のニナ」第25話のネタバレあらすじ

ヨルも囚人として投獄?

ニナとアンちゃんが辿り着いた収容所は極寒の地にあるグリフィゲルド

囚人服を着せられ、固い床と壁が覆っている部屋へ入れられるニナ

なぜか、そこには囚人服を着たヨルがいて

「なんで俺がこんなところにいるんだ!」と叫んでいる

 

ニナを収容所に連れてきたヨル・・・

目覚めると収容服を着せられてここにいたと話す

 

「だいたい、ここはビドーの領地の収容所じゃないだろ?どこなんだ?」と聞くヨル

ニナは「グリフィ・・・何とかって言っていたような・・・」と答える

顔が固まるヨル

「グリフィゲルドだと・・・極東監獄・・・」

 

グリフィゲルドは、重罪人の流刑地と呼ばれる監獄

生きては出られない場所と言われている

 

看守に、自分は王子だと名乗り、今すぐ出すように言うヨル

だけど、看守は、ヨルの腹に思いきりなぐりつけ、「そんなボロ着を着た王子がいるか」と信じない

「おまえたちは、生きるも死ぬも看守の気分次第だ・・・覚えておけ」

不思議なメガネ男が登場

朝になると採掘場に連れていかれるニナたち

やせこけた人たちがボロボロになりながら採掘している様子に驚くニナ

遠くで、看守に蹴られ、ひたすら謝っている男がいるのが見える

おもわず止めようとするニナ

しかし、メガネの男が「助けることは認められていない」とニナを引き留める

 

メガネ男を見るニナ

メガネ男は、ニナの顔にグッと顔を近づけて、「これは深い青だ・・・初めて見る・・・」とニナの瞳を興味深く覗き込む

おどろくニナ

でも、メガネ男の足にも鎖がついている

他の囚人よりもこぎれいな格好をしているメガネ男・・・だけど、この人も囚人なんだ。と思うニナ

獣檻へ連れていけ

一日働いて、粗末な食事を食べるニナとアンちゃんとヨル

なにがなんでもここから出たいヨルは、ここには、ホルト元将軍がいることを思い出す

ホルト元将軍ならば、俺の顔がわかるはずだ!と、翌日、看守たちにホルト元将軍に会わせてほしいと頼む

しかし「ホルト元将軍など知らん!」と殴られるヨル

「会わせてくれ!」としつこいヨルは、看守たちに一斉になぐられる

 

それを止めるニナ

「これ以上は死んじゃいます!やめてください」

 

そこに現れるのが、この監獄の長であるラカル監獄長

「助け合いとは虫唾が走る・・・かばった女を獣檻へ連れていけ」

 

ざわめく囚人たち

「かわいそうに・・・」

「死ぬぞ」

「獣檻とは慈悲もない」

その空気に緊張するニナ

セトに会わなきゃダメなんだ!

ニナが連れていかれた部屋は異臭で満ちていた

なに?この臭い・・・・・

生臭い臭いに気分が悪くなるニナ

周りを見渡すと、肉片があちらこちらに散らばっている

死体だ・・・とぞっとするニナ

すると、後ろから獣の呻き声が聞こえて・・・

振り返ると、大きな獣がいる

ニナに襲い掛かってくる獣

ニナは、獣から必死に逃げる

「わたしはセトに会わなきゃだめなんだ」と、襲い掛かってくる獣から鎖で身を守るニナ

獣と向かい合わせになってにらみ合う体勢となる

 

二ナの目を見た獣は、なぜかおとなしくなる

お座りする獣

ちょっと一安心するニナだが、周りに散らばっている無残な肉片を見て、胸がつらくなってくる

「どうしてこんな目に合うの・・・・?」

いっそ体が鳥のように自由なら・・・・アズに会いに行くのに・・・と気を失うのです

夢?鳥になってアズに会いに行く

ニナの目に映るのは空から見た美しい景色

街並みや草原がどこまでも見える

そして、その景色の中に馬に乗って走るアズが見えて・・・

アズに向かっていくニナ

アズはニナを見て、左手をあげて、「ずいぶん人懐っこい鳥だな・・・」と話す

アズの言葉に「え?わたし、鳥なの?」と思うニナ

今は助けに行かなきゃいけない子がいるから・・・と言ってアズは馬で走っていく

アズは、ビドーの領地へと向かっている

声にならない声で「そっちじゃないの」と話しかけるニナ

星の民

ハッと目を覚ますニナ

状況は変わっておらず、獣牢にいる

今の夢はいったい、なんだったんだろう・・・夢にしては、リアルなような・・・と思うニナ

 

ニナの目の前にはメガネ男がいる

「すごいね・・・獣をどうやって懐かせたの?」と聞いてくるメガネ男

「僕の名は、ソル・ジーナ・・・」

ニナの顔を見ながら「星の民の末裔は、本当にいたんだね」と言って・・・

「星降る王国のニナ」を無料で試し読み!
\お得なキャンペーンやってます/

もちねこ

獣檻へ入れられたニナ・・・

けっこうハードな状況です

まさか、1巻のアズとの出会いからこんな試練が訪れるとは・・・夢にも思わなかったでしょう

鳥になってアズに会いに行くシーンは、とっても夢がありますが、これは、ニナには不思議な力があるってことなんでしょうか?

獣もニナの青い瞳を見ておとなしくなってるし・・・

新キャラのメガネ男も、二ナの瞳に興味津々だし・・・

新キャラの登場で、また、大きくお話がうごく予感がします

ワクワクします