咲坂伊緒が送るWヒロインのキュンストーリー「思い、思われ、ふり、ふられ」

IMG

只今、話題沸騰中の「思い、思われ、ふり、ふられ」

「ふりふら」の愛称で呼ばれ、全女子のハートを鷲掴み状態のキュンが詰まったキラッキラの青春ラブストーリー

恋をすることで内向的なヒロインが成長していく姿もいいし、恋に関する考え方の違うヒロインがふたりいることで、どちらかに肩入れして読むことができる!

ヒロイン二人が恋をする男の子たちも等身大をリアル男子をちょっとかっこよくした感じが、ほんといいんです!!

本日の記事は、「思い、思われ、ふり、ふられ」って、こんなに面白いんだよ!ってまとめ記事です。

ぜひ、未読の方は、参考にしてくださいね!!

「思い、思われ、ふり、ふられ」のここが面白い!

Wヒロインが面白い!

furifura

Wヒロインが登場するこのマンガ。

ひとりは、リアルな恋愛などしたことがなく絵本の中の王子様が初恋というちょっと恋に夢見がちの女の子の由奈

もうひとりは、恋愛は、押したり引いたりしながら掛け合っていくうちに恋になるという明るくて積極的な朱里

正反対の性格の二人だけど、朱里が由奈のマンションに引っ越してきたこと。同じ高校に進学したことで、急速に仲良くなっていく。

1巻では、朱里が彼女のいる彼氏を取ったらしいって噂を信じて、ギクシャクするんだけど、それが、クラスメイトたちの噂であることを知って、それを信じて朱里を避けてしまったことを由奈はすごく後悔しちゃうんだよね

内向的で奥手な由奈は、自分が朱里を信じれなかった罪悪感から、誤解をしている子に泣きながら「朱里に謝って」って号泣しながら訴えるんだよね。

辛い事とか悲しいことがあったら私も言うから 朱里も言って それが友達だよ

価値観が違っても友だちになれたふたり。

朱里は由奈のために。由奈は朱里のために、いつも一所懸命になれる素敵な親友になれるんです。

由奈の恋のお相手は・・・

恋に夢見る由奈は、初恋の絵本の王子様に似ている理央と出会います。

すると、理央が実は、朱里の弟と判明~!

理央はビジュアル重視で女の子を選ぶようなタイプで、朱里もおすすめしないと断言しているんだけど、適所、適所で、やさしいんですよねー。

そのやさしさに、下を向きがちだった由奈が、前を見て歩けるようになる。

そして、最初は、ちょっと気になる相手だったのが、どんどん惹かれていって、「好き」ってなっちゃうんです。

しかし、この時、理央には、大本命の好きな人がいるんです。それは決して叶わない恋だから、新しい恋を見つけようと、いろんな女の子のお誘いにつきあっていたんですね。

叶わない恋に苦しんでいる理央くんの秘密を知ってしまった由奈は、自分だけ秘密を持てないって告白するんですね。

そして、早くも2巻の時点で、振られています!!

朱里の恋のお相手は・・・

恋は駆け引きからスタートという朱里は、最初は彼氏がいるけど、引っ越してきて学校が離れたことで、別れちゃいます。

んで、お次は、前から気になっていた、友達のお兄さんのことが気になるけど、それが恋なのか確かめにいったり、由奈と比べると、とってもアグレッシブ!!

でも、そんな中、由奈の幼馴染の乾を徐々に意識していきます。

ほんと、ゆっくり・・・じっくり・・・・

1巻から、ここぞ!って時に朱里のことを慰めたりしてきた乾

ちょっと子供っぽくて、無自覚に朱里をキュンってさせる言葉を放つとってもいいやつなんです。

この二人が、長い巻数をかけ徐々に距離を縮めていくのが、ほんと、キュンキュンするんです。

乾への恋心を認めた朱里

でも今ならわかる 嘘の自分でもなんでもいいからとりあえず好きになってくれ!頼む!!

好きな人のために本来の自分だって偽る!そんなセリフを朱里が吐くなんて!!1巻からは想像ができないほど、朱里の恋愛偏差値がアップしています。

まとめ

ヒロインである由奈は、ずっと理央一筋ですが、理央と朱里は1巻から、途中で好きな人が変わっています

好きすぎて胸が苦しいってシーンは、ほんとうに苦しく感じるし、次の新しい恋愛に入る導入部分も無理矢理感がなく、説得力があります。

これは、すべて、キャラクターの設定がぶれない一貫性のせいだと思う。

読んでて、ハラハラしたり・・・キュンキュンしたり・・・読者をときめかせるニクイ演出が満載です!!

好きな人が出来て、成長していくヒロインの活躍にこれからも目が離せません!