「思い、思われ、ふり、ふられ 8巻」第32話 ネタバレ含【別マガ2018年2号】

IMG

もちねこ

こんにちは!もちねこです。今日は、本日発売の「思い、思われ、ふり、ふられ」の最新話の記事です

今月号の「思い、思われ、ふり、ふられ」」は、和臣と朱里のターンです・・・・

このふたり・・・・ほんと、なかなか、くっつきませんねー・・・・

ふぅぅぅぅ・・・・

でも、今号では、和臣の家庭の事情がわかりますよ!!

IMG 「思い、思われ、ふり、ふられ 8巻」第31話 ネタバレ含【別マガ2018年1号】
MEMO
「思い、思われ、ふり、ふられ」32話は、コミック8巻に収録されると思われます
attention
この記事には「思い、思われ、ふり、ふられ」の最新話のネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします。

「思い、思われ、ふり、ふられ 第32話」の見どころ!

ひとりぼっちのクリスマスだったけど・・・

由奈と理央がドキドキクリスマスデートをしている頃・・・

朱里は、両親と一緒に食べようと買ってきたクリスマスケーキを食べることも出来ず暗い部屋でひとりテレビを見ています

両親に仲直りしてもらおうとクリスマスケーキを、わざわざ買ってきたのに、お父さんもお母さんも帰ってこないんですね

テレビを見ながら笑っている朱里

でも、10代の朱里にとって、ひとりきりのクリスマスは寂しいですよね

クッションに顔を埋めてしまいます

「ケーキだってひとりでは食べられない」と、朱里は、和臣の家へと向かうのです

和臣の家に行き、直接、和臣の部屋の窓をノックする朱里

ヘッドホンをつけていた和臣は、窓をノックする朱里に気づきませんでしたが、朱里がメールを送ったことでようやく、自分の部屋の窓の向こうに朱里がいることに気づきます

和臣が窓をあけると、そこには朱里がいて「ケーキのおすそ分けにきた」って言うんですね

すると、和臣の部屋の向こうから、両親らしき人たちがなじりあっている喧嘩の声が聞こえます

和臣は、ちょっとバツが悪そうに笑いながら「よくあることだから」と、朱里に気を使います

朱里は、以前、和臣が「違う世界にいる気分になれるから映画が好き」だと言っていたことを思い出します

「せっかくのクリスマスなのに・・・」と思う朱里は、和臣を外へと連れ出しちゃいます

寒い公園でふたりだけのクリスマス

さむーい外の公園で、チキンを買って、朱里が持ってきたケーキを広げて、食べるふたり

和臣は、寒いのか、ぴょんぴょんと跳ねながら、チキンを食べます

そして、朱里に背中を見せたまま「うちの親のケンカ 聞かせちゃってごめんね」と言います

朱里は、明るく「うちも ケンカ中だよ長いよねー」と言います

朱里が気を使ってくれていることに気づく和臣

そして、寒いから、体を動かそう!と朱里の提案で、ふたりで鬼ごっこを始めるのです

鬼ごっこの最中・・・和臣は、自分の家の家庭事情をポツリポツリ・・・と、話し始めます

和臣の兄が大学を中退して、演技の勉強をはじめるとイギリスに行くと言い出し、両親と兄の仲は険悪なものになったこと

子供の時から超優等生だった兄は、いろんな気持ちを溜め込んでいてこと

そして、追い詰められていたこと

今は、両親ともに責任の押し付け合いをし揉めていること

和臣は、兄を見ていて、がんばりすぎずに「そこそこ」でいて、自由で正直になりすぎないでいようと思ったそうです

兄がイギリスにわざわざ演技の勉強にいったことをリスクしかないと表現する和臣に、朱里は、「やりたいからやるって、そんなにダメなことかな?」と言います

朱里の夢である通訳の仕事も 将来的には人の手は必要なくなり自動翻訳ができる時代がくるといわれています

だから、今、自分ががんばっていることに意味がなくなるかも・・・って思ったりもするけど でも好きだからやっている と言います

朱里の言葉に、和臣も自分が将来、映画を作る仕事をしたいと思っていることを口にします

明るく、そうなんだ!と答える朱里

でも、「なれるはずがないし」と答える和臣

自分だけは「無難」の枠からはみ出さないようにしなきゃ うちの家族はダメになる気がするという和臣

「それじゃ、乾くんだけがまんしなきゃいけないってことじゃん そんなのおかしいよ」

と朱里がいいます

そう言いながら、「言うのは簡単だけど それはただの綺麗事だもんな」「そんな言葉だけの言葉 いらないよね」と笑う朱里を見て心が軽くなる和臣

家にかえる途中、理央と由奈に会う和臣と朱里

和臣が理央に「今までで一番楽しいクリスマスだった」と言います

朱里とべったりの由奈にくっつく理央

そして、その理央にべったりくっつく和臣

4人みんなが笑って「なるべく笑って過ごしたい いつだって そのための選択をしているはず」というモノローグが入り、次回に続いています

感想まとめ

もちねこ

朱里と和臣はお似合いだと思います

正直、もちねこは、少々、この朱里が苦手です・・・

素直じゃないというか・・・複雑すぎるというか・・・共感できるところがあまりないんですよね・・・

いい子だってことはわかってはいるんですが、たぶん、同じクラスにいても、同じグループには属さないタイプだと思います

でも、和臣には朱里みたいなタイプがお似合いだと思います

このふたりは、とっても、内面の複雑さが似ていますよね

似ているから、お互いに、へこんでいる時や沈んでいる時にベストな言葉をかけてあげることができるんですよね

早く、くっついちゃえよー!!

って思うんだけど、似ているがゆえに、告白ができないところも似てしまうという悲しさ・・・

一体、いつになったらくっつくんだ!?と、やきもきさせられっぱなしです・・・

最新刊!「思い、思われ、ふり、ふられ」7巻

もちねこ

最新刊である「思い、思われ、ふり、ふられ」7巻の電子配信がスタートしています

【kindle】「思い、思われ、ふり、ふられ」1-7巻 まとめ買い

【honto】「思い、思われ、ふり、ふられ」1-7巻 まとめ買い

 

 別冊マーガレット最新号!「2018年2月号」も電子配信がスタートしています