河原和音!待望の新連載スタート!「太陽よりも眩しい星」第一話

IMG

「別冊マーガレット 2021年7月号」より、川原和音先生の新連載がスタートしました

今回のヒロインは、身長が167センチという外見にコンプレックスを持っている女の子

小学校時代から大好きだった男の子が、中学生になって急成長し、急激に女の子たちにモテだして遠い存在になってしまって・・・

彼を遠くから見ていただけだったのですが・・・

胸キュンが詰まったとっても素敵なお話となっています

では!紹介をしたいと思います

注意
この記事は「太陽よりも眩しい星」第一話に収録予定のネタバレが含まれます。
ネタバレNGの方は閲覧にご注意をお願いします

「太陽よりも眩しい星」第一話「手を伸ばした日」

IMG

画像引用:「別冊マーガレット 2021年7月号」より

もちねこ

第一話は65Pのボリュームです。
紹介記事も長めとなっています

みんなより大きいことがコンプレックスのヒロイン

中学3年生の岩ちゃん(←岩田朔英)

中学生にして身長167センチ

身体測定の時、周りの女子たちより頭ひとつ分以上にとびぬけた存在感を醸し出しているが、本人は、それが恥ずかしくてたまらないって感じ・・・

無邪気に周りの女子たちから、「健康カードを見せて」と言われた岩ちゃんは、見ないでって感じであわてて後ずさる・・・

すると、後ろにある扉に激突し、扉ごと、後ろへ倒れる

倒れた場所にいたのは神城光輝

倒れてきた岩ちゃんに「大丈夫?」と声をかけて、落ちている「健康カード」を拾ってくれる

見られた!と真っ赤になる岩ちゃん

光輝は、健康カードに書かれている数字が見えただろうに「見てないから」と言って、岩ちゃんに健康カードを渡す

去っていく光輝

女子たちが「神城かっこいい!」と騒いでいる

「え?チャラそうじゃない?」っていう女子に、「神城はチャラくないよ」と言う岩ちゃん

岩ちゃんの初恋は小学生の時!

実は、光輝と岩ちゃんは小学校が一緒だった

小学校入学式で会った光輝

小学校に入ったら一番楽しみなことを「給食」と答える岩ちゃんに対して、牛乳が飲めない光輝は、給食がつらいって顔をしてて・・・

岩ちゃんは、光輝の分の牛乳も飲んであげるよ!と声をかけた

光輝はにこーって笑って「いいの?」と答えて!

その光輝の笑顔に一目ぼれした岩ちゃん♥

 

もちねこ

この時の光輝は、かなりのちびっこ!岩ちゃんは、光輝を見下ろしている

 

身体の小さい光輝のことをよくかばった岩ちゃん

光輝を助けて、先生に怒られることもあったけど、光輝は、いつも「俺のせいで怒られてごめん」と感謝の気持ちを伝えてくれる

岩ちゃんには、そんな光輝がかっこよく見えて!

自分より小さい男の子だけど、大好きだった

 

小学生の時、身体が小さかった光輝は、クラスの女子からモテなかったのだが

中学生になって、背が伸び出して、中3となった今では、岩ちゃんの身長も追い越してしまった

そうなると、女子たちから、羨望のまなざしで見られるようになり、モテだすように・・・・

加えて、小学校の頃は、下の名前を呼び合って、無邪気にずっと一緒にいれたけど、中学生になってからは、クラスが離れたことで、昔のように話すようになくなった

いつしか、下の名前呼びは苗字呼びになり・・・岩ちゃんは、それを、ちょっと寂しいと思っている

この感覚は、「押しが急に売れ出した」って感覚だな・・・と思っている岩ちゃん

運動会の係を一緒にすることになって

運動会の係になる岩ちゃん

係が話し合う教室へ行くと光輝がいる

学年ごとに旗を作るのだが、二人一組で作ってくださいと言われ、光輝から「一緒にやらない?」と誘われた岩ちゃん

放課後、ふたりで教室に残って旗作りをすることになる

旗を作っていると、小学生のころを思い出す岩ちゃん

自転車の荷台に乗っけてもらって・・・

外が暗くなり帰ろうかと一緒に校内を出る

光輝は自転車を取りに行くが「あれ?鍵がない」という

鍵を探すふたり・・・

でも、見つからなくて、「仕方ないから、歩いて帰るか・・・」という光輝

岩ちゃんは「待って!目をつぶって、朝からのことを思い出そうよ!」という

岩ちゃんの言葉に目をつぶる光輝

目をとじた光輝を見てドキドキする岩ちゃん

すると、光輝が「あ!」と叫んで!

「ポケットだ!」と、自転車の鍵をポケットから出す

そして、岩ちゃんのことを後ろに乗せてあげるという光輝

岩ちゃんは自分の身体の大きさを気にしているので「重いからいいよ!」と遠慮するが、光輝は、「いつもサッカー部のやつらを乗せてるから大丈夫!」と岩ちゃんを自転車の後ろに乗せてくれる

 

自転車に乗りながら、小学校時代の話をするふたり

 

光輝「岩田さ・・・今でも給食好き?」

 

岩ちゃん「好きー」

 

光輝「俺さ・・・もう好き嫌いとかないんだぜ」

 

岩ちゃん「え!よかったね!!!」

 

光輝と会話をしていて、うれしくなる岩ちゃんだけど、そこで、自転車のタイヤがパンク

岩ちゃんは、真っ青になって「ご・・・ごめんなさい」と言う

光輝は「なんで謝るの?」と不思議な顔

「岩田はさー・・・小学校の時も障害物競走で後から来た奴に道を譲ってたもんなー」と言って、「遠慮なんていらないから」と笑う光輝

岩ちゃんには、その光輝の顔がキラキラして見える

でも、光輝はやさしいから、誰でも、自転車の後ろに乗せるし、どんな遠くでも「送るよ」っていうんだろうな・・・と思ってて・・・

心の中で「光輝はやさしいね」とつぶやく岩ちゃん

光輝のことをつい見ちゃう岩ちゃんだけど・・・光輝とは目が合わない

運動会当日がやってくる

重い縄を運ぶ仕事を頼まれた岩ちゃん

「神城くんと一緒に運んどいて」と言われ、光輝を探すと、彼は女の子たちに囲まれていた

岩ちゃんは、声をかけることができず、重い縄をひとりで運ぶ

 

そして、騎馬戦に出る岩ちゃん

上にのっている女の子が超やる気の子で、下で支えている岩ちゃんはみんなに押されてボロボロ状態になる

観戦している男子たちから「超こえ~」って声が聞こえる

近くには、きれいな格好でキラキラしている女の子たちもいて、ぼろぼろになっている自分と見比べてしまう岩ちゃん

 

すると「岩田さん!大きいんだから頭下げて!」と後ろから言われて・・・

岩ちゃんは「ごめん」と言って座る

 

目の前では、男子の騎馬戦がはじまっている

光輝も騎馬戦に出てて、上にのって、次々、対戦相手のはちまきを取っていく

みんなに注目される光輝を遠くから見ているしかない岩ちゃん

 

光輝が自分を見ることなんてないと寂しいって気持ちが湧いてくるが、それを打ち消そうとする岩ちゃん

「借り物競争」で岩ちゃんの手をつかむ光輝

次に「借り物競争」に出る岩ちゃん

取った紙には「好きな人」とあって、とっさに光輝の方を見るけれど・・・

でも、岩ちゃんは、仲良しの女友達の元へ走ってゴールへ引っ張っていく

係の人に紙を渡す岩ちゃん

係の人が「好きな人?」と聞いてきて、女友達とがっしり腕を組み「仲良しアピール」をする

 

出番が終わった岩ちゃんが、席に戻ると、借り物競争に出ていた光輝が、岩ちゃんの方へまっすぐは知ってくる

「岩田」と言って手を差し出す光輝に、驚きつつ、その手を握る岩ちゃん

一緒にゴールをし、係の人が「お題チェック」をする

紙を見た係の人は「え?」とビックリした顔になって岩ちゃんを見る

岩ちゃんの横で光輝が「声には出さないで!」と首を横に振る

「なんてお題なんだろう?」と岩ちゃんも不思議に思っていると、係の人が「え・・・お・・・“大きい女子”」と言って・・・

周りから「あー・・・確かに!」と納得の声があがる

岩ちゃんも、笑うしかなくって「よかった!お題に合ってた」と笑う

 

ひとりで席へ戻る岩ちゃん

「大きい女子」・・・それは事実で悪口じゃない・・・と思う

だけど、目に涙が・・・

岩ちゃんを追いかけてくる光輝

岩ちゃんの腕をつかんで「違うんだ!」という

本当は「かわいい子」と書いてあった。という光輝

係の人が、俺が言わないでってアピールしたから、気を使って変なフォローをしたんだ・・・ごめん・・・という光輝

一生懸命謝る光輝を見て、「大丈夫」と顔を赤くする岩ちゃん

岩ちゃんは、遠い人になった光輝のことを好きになっちゃダメだと思っていたけど、かなわないから恋をしてはいけないってルールはないんだ・・・と気づく

ムリ目な恋だけど頑張ってみよう

卒業式がやってくる

光輝から「母さんが岩田の写真も送れって言うんだよね」と言われて、光輝と一緒に写メを撮る岩ちゃん

岩ちゃんは、勇気を出して、撮った写真を私にも送ってほしいな。という

アドレスを交換するふたり

春からは一緒の高校だし、高校では同じクラスになれるといいね。と話すふたり

岩ちゃんは、この恋をがんばることを決意するのです

もちねこ

外見的なコンプレックスを持つヒロイン

小学校の時は仲良しだった幼馴染が中学生になって遠い存在になってしまったというなんとも胸がきゅんとなる展開です

特に、ふたりの小学生時代のエピソードがかわいい!

にこっと笑うちびっこ光輝の笑顔に、胸がきゅんっとなる小学生の岩ちゃんがかわいすぎる!

岩ちゃんの恋を見守りたいと思います