「サクラ、サク。」12話 ネタバレ感想

IMG

こんにちは。もちねこです

「別冊マーガレット 2022年2月号」に掲載の「サクラ、サク。」第12話(作/咲坂伊緒)の紹介です

コミック3巻の発売が決定しています

注意
この記事は「「サクラ、サク。」のネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

今までのあらすじ

ふりかえり

琴乃に陽希が好きだと報告しようとした咲

しかし、話す前に、琴乃も陽希のことが好きだと

気づいてしまって・・・

「サクラ、サク。」第12話のネタバレあらすじ

琴乃も陽希のことが好き?

琴乃から、これから咲と一緒に図書館で勉強をすると聞いた陽希は、自分も参加すると言う

しかし、琴乃が「陽希はダメ・・・」と引き留めて・・・

壁向こうにいる咲

その会話が聞こえて、琴乃も陽希のことが好きなんだと気づく

思わず涙目になる咲

 

琴乃から「ダメ」と言われた陽希は、なんで?って反応を返す

そこに、美斗士が、女子会を邪魔するなよ。と会話に参加

納得する陽希

 

そこに、別の生徒が、先生が陽希を探していたぞ。と声をかけてきて、先生のところへ向かう陽希

 

歩き出す琴乃と美斗士

琴乃と美斗士が近づいてくる気配に、咲は、隠れて聞いていたのを気づかれる!と緊張する

 

すると、井竜が咲のことを隠してくれて・・・

琴乃と美斗士は、咲がいることに気づかず通り過ぎる

誤解が解ける?

泣いている咲を見て、友達と好きな子がかぶったってこともお見通しの井竜

琴乃と陽希が「付き合っているフリをしている」ことを知った井竜は、咲に「いい子じゃない」って言ったことを謝る

けれど、「いい子とも思ってないけど・・・」と捨てセリフを吐いて去っていく

咲のしていることは自己欺瞞?

琴乃と同じ人を好きになったと気づいて胸が痛い咲

翌日、どんよりした空気でため息をついている

元気がない咲に気づいて、声をかけようとする陽希

だけど、陽希より先に、井竜が咲に声をかけて・・・

井竜に声をかけられて、涙目になる咲

廊下で咲に泣かれた井竜は、咲の背中に手を当てて中庭に移動する

その様子を遠くから見ている陽希

 

「好きな奴がかぶるってそんなに悩むこと?」と聞く井竜

「そりゃそうだよ!」と答える咲

「その子が、藤ケ谷(咲)さんの気持ちを知らないまま、陽希ってやつに告白をして、ふたりがくっついたらどうするの?」と聞かれ、「その時は、仕方ないって思うしか・・・」と答える咲

井竜は、咲がやっていることは「自己欺瞞だ」という

電話で話せるとうれしい・・・でも後ろめたい・・・

帰ってから「自己欺瞞」の意味を調べる咲

「自分で自分の心をあざむくこと」とあって、凹む

テスト勉強もはかどらない

そこに、陽希からメールが入る

元気がなかった咲を心配するメール

「なにかあるなら話を聞こうか?」

「大丈夫」と返信を打つ咲だが、陽希から電話がかかってくる

陽希と電話で話す咲

陽希は、井竜ってやつに何か言われたんじゃないの?と心配してくれている

「今からそっちにいこうか?」とまで言ってくれる陽希

咲は、井竜との間になにがあったのか話せない・・・。だから、「テスト勉強がつらいだけだから・・・」と嘘をつく

陽希と電話で話せてうれしいと思う咲だけど・・・抜け駆けをしているような気持ちになる

見ているしかできないつらさ

翌日、体育の授業で捻挫した琴乃

咲は、琴乃を保健室まで連れて行こうとする

そこに、たまたま通りかかった陽希と美斗士

陽希と琴乃がつきあっていると思っているクラスメイト達から、「カレシなんだから、おぶって保健室につれてやったら?」と言われる陽希

琴乃の元カレがその様子を遠くから見ている

それに気づいた陽希は、琴乃をおぶる

その姿を見ているしかできない咲

 

下校中・・・捻挫した琴乃と一緒に歩く咲と陽希

陽希が琴乃のかばんを持ってあげると、クラスメイト達から冷やかされる

捻挫している琴乃に優しい言葉をかける陽希

横でそれを見ている咲は、自分がここにいてもいいのかな?という気分になってくる

ふたりからちょっと距離を開けて歩く咲

それを見ていた井竜が、咲の手を持って走り始める

突然、手首をつかまれた咲は、井竜と一緒に走るしかできなくて・・・

「サクラ、サク。」を無料で試し読み!
\お得なキャンペーンやってます/
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

もちねこ

前回、憎まれ口ばかりで、意地悪な奴だ!と思っていた井竜

咲のことを好きになるとか絶対にないわ!と思っていましたが・・・

ようやく、それっぽい展開になってきました!

咲の手をつかんで走る井竜くんがかっこいい!

だけど、「しょーもな!」って意地悪な余計な一言も!!

本当はやさしいけれど、言葉の使い方が下手なタイプなんですかね~?

捻挫している琴乃と一緒にいる陽希は、走り去っていく井竜と咲を見ているしかできません

どうなる?次回!?