「太陽よりも眩しい星」第4話 ネタバレ感想

IMG

川原和音先生の新連載は初恋を諦めずにがんばるおっとり女子が主人公です!

もちねこ

岩田朔英は平均より大柄な頑丈な女の子
小学生の頃からお世話をしていた貧弱な幼馴染の神城光輝に初恋をしていたが、中学生になると、光輝がイケメンに成長!
小学生時代とは違いすっかり疎遠になったと思っていたのに、一緒の高校へと入学し同じクラスになる
初恋を諦めようと思っていた朔英だけど・・・
諦めないことを決意して・・・
注意
この記事は「太陽よりも眩しい星」のネタバレが含まれます。
ネタバレNGの方は閲覧にご注意をお願いします

「太陽よりも眩しい星」第4話

神城が誰のことを好きでも・・・

神城の好きな人の話って聞いたことがないの?と聞く翡翠

香川さんは、翡翠の聞き間違いじゃないのか?と聞く

じゃ、岩ちゃん(朔英)が聞いてみたら?と翡翠が言って!

朔英は、好きな人がいるとかいないとか関係ない・・・私は私でがんばる・・・と言う

翡翠は、朔英の答えに感動!

「応援するね!」と言うのです

食いしん坊アピール?

そしてやってくる研修旅行

バスに乗ると、座ってる神城の姿が見える

クラスメイトの男子と喋って笑っている神城

小学生の時は、バス酔いとかしていたけど、今は、大丈夫っぽいな・・・と思う朔英

 

お昼の食事の時間・・・謎肉が出てくる

それを残している神城

隣の席の男子が、神城が残した謎肉をパクっと食べる

朔英は、「そうか・・・もう、わたしが代わりに食べるのはおかしいんだ」と気づく

神城のことを見ているのを、神城の謎肉を見ていると勘違いされた朔英

周りの子たちから「謎肉、あげようか?」と声をかけられ、それが聞こえた神城からは「これ、好きなの?」と聞かれ

まるで「食いしん坊アピール」をしてしまったみたい・・・と恥ずかしくなる朔英

笑っていてもそうじゃないことがある

研修センターについて班に分かれる

翡翠は、神城の前の席をキープし、自分の隣に朔英を呼ぶ

朔英の恋を応援しようと、朔英のいいところを必死にアピールする翡翠

朔英は、恥ずかしくてたまらない

翡翠が朔英のことを褒める話を聞いていたお調子者の井沢

「岩ちゃんは(朔英)は、やっぱり食べ物に執着心が・・・・」と話し出す

井沢のことを小突く神城

「やべっ・・・あまり岩ちゃんを(朔英)をいじると、神城がキレる」という井沢

「おまえが誰をいじっても俺は怒るから」という神城

 

神城「笑っていても、いろいろ気にしたりしているもんだよ」

 

神城の言葉に、もしかして、神城も、見えないところでなにか思っているのかな・・・と思う朔英

神城の手が当たって顔に傷ができる

研修が終わりロビーに出る生徒たち

翡翠と香川さんがトイレに行っている間、お土産屋さんに並んでいる商品を見る朔英

そんな朔英に声をかけてくる神城

「温泉まんじゅうおいしそうだね」

すっかり食べ物が大好きだと思われてる!と思う朔英

 

その時、集合の号令がかかる

お土産屋にいた生徒たちが一斉に移動しはじめるが、積まれている商品が生徒のリュックに当たる

倒れそうになる商品に手を伸ばす神城

その時、神城の手が朔英の顔をかする

朔英のおでこに小さな切り傷ができる

神城は驚いて、お医者さんとか保健室とかってどこですか?と大きな声を出す

 

かけつけてくる先生

先生たちから見たら、ほんと小さな傷

だけど神城は、ものすごく心配している

朔英は、自分が大きいから当たっちゃったんだし・・・気にしないでって言葉をかける

神城は「背の高さは関係ないよ!岩田(朔英)の顔が大事って話だよ!女の子だしさ・・・」

神城のやさしさに、いっそう、好きって気持ちを膨らませる朔英

神城の恋を応援するよ

夜・・・

庭にひとりでいる神城に気づいた朔英

声をかける

神城は、朔英のおでこの傷を心配している

朔英は、「全然、平気」と笑う

「ほんとうに?」と神城の顔が近づいて・・・ドキッとする朔英

思わず「神城・・・好きな子がいるって本当?」と聞く

 

真っ赤になる神城

その顔を見て、神城に好きな子がいるとわかる朔英

 

「片思いなんだ」と答える神城

神城の好きな子は、手の届かないような相手らしい

 

「小学校の時は小さくてかっこ悪くて、今、追いつきたくてがんばっているんだ」

「太陽を越えて眩しい星みたいな人なんだ・・・」

 

神城の話を聞いた朔英は、神城の気持ちがわかると思ってしまう

 

「神城は、小学校の時から優しくて、かっこよかったよ・・・だから、神城のことを知ったら、絶対に好きになると思うよ・・・好きな人と、うまくいくといいね」

 

笑う朔英

神城は、朔英にそう言ってもらえてうれしいって笑う

その笑顔に胸が苦しくなって顔をシャツで隠す朔英

神城には笑っていてほしい

神城の恋が叶いようにと思うのです

もちねこ

副題がタイトルと同じです

第四話で、早くもタイトル回収!

太陽より眩しい人ってすごい表現ですよね!

朔英は、神城の好きな人が誰かわかっていません

でも、神城の恋を応援しようと思っています

自分も好きなのにね!

健気で胸がギュっとなります