16話!ネタバレ感想「王の獣」5巻

IMG

こんにちは!もちねこです

「Cheese!2020年6月号」より「王の獣」の紹介です

こちらが4巻の続きとなります

もちねこ

この物語は・・・

獣の特性を持った「亜人」が人間の支配下にある世界で、弟の仇をとるため亜人の少女・藍月(らんげつ)が女であることを隠し、武勲をたて、第四皇子・天耀(てんよう)の従獣となる
そして、この皇宮を変えると誓ってくれた天耀に藍月は光を見出す男装の獣人と皇子の異世界ファンタジーです

今までのあらすじ

ふりかえり

皇族である天耀に対し、日増しに特別な感情が大きくなる藍月

自分の立場を再認識し、この思いを誰にも知られてはいけないと葛藤しはじめるが・・・

こちらで紹介する内容はおおまかなネタバレとなります

詳しい内容を知りたい方は、雑誌をクリック!

注意
この記事は「王の獣」」5巻に収録予定のネタバレが含まれます。
ネタバレNGの方は閲覧にご注意をお願いします

「王の獣」第16話 あらすじネタバレ

藍月の気持ちを知りながら傍観するしかできない太博

大きなため息をつく天耀(てんよう)

太博(たいはく)は「いかがなされたのですか?」と聞く

天耀は、藍月(らんげつ)の髪に花を飾ったら、可愛かったから「可愛い」と言ったら逃げられてしまったことを話す

「大の男に向かって可愛いなどと・・・わたしが悪いんだ」という天耀

藍月が女であることを知ってる太博は、天耀の話を聞いて藍月に同情をするが

でも、亜人の身で皇族である天耀に惹かれるなどもってのほか!と思う

憐れだと思うが、味方をすることもできない太博

それに、藍月の真の目的は、弟の蘇月(そげつ)の敵討ちのはず・・・

目的を見失うことはないだろうから、このまま傍観しつづけることにするのです

敬愛か?恋か?迷いがある藍月だが・・・

翌朝・・・

天耀に朝のあいさつにきた藍月は、怖い顔で「もう一度いいますが、女にするようなことを僕にしないでください」と言う

天耀は、笑いながら「うん・・・そうだな」と答えるのです

そして、たくさんのお菓子を藍月の前に並べて「おまえはどんなお菓子が好きなんだ?」と聞いてくる

藍月はお菓子をじっと見て「どれも口にしたことがないのでわかりませんが・・・」と答える

「では、ひとつづつ食べよう」と、藍月を連れて外でおやつを食べることにする

藍月の入れたお茶を「うまい」と言って飲んでくれる天耀

隣に座ってる藍月は、自分の気持ちが敬愛なのか恋なのか・・・再び迷いだす

だけど、天耀が藍月の肩に寄り添うようにして眠りだして

藍月は天耀の重みを肩に感じて動けなくなるのです

どうか隠し通してくれ!と強く願う

そして・・・

シーンは変わり、天耀が藍月に字を教えようと筆と紙を用意する

字が読めない藍月のために天耀は藍月に文字を教えてあげようとする

文字を教えてくれると聞いてうれしい顔になる藍月

だけど、天耀が「蘇月にはきちんと教えてあげることができなかったから・・・」と言うのを聞いて

じわりと自分の中にイヤな感情が沸き上がるのを感じる

天耀にとって、自分は蘇月の身代わりなんだろうか・・・

自分は、蘇月の無念を晴らすためにここにいるのだから、それで問題はないはずなのに、この胸に広がるイヤが気持ちはなんなんだろう・・・と思う

藍月は立ち上がり「文字なら、太博に教えてもらいます」という

天耀は「藍月」と名前を呼ぶが、藍月は無視してその場を去っていく

それを見ていた太博

藍月が抱く感情は、きっと初恋だと気づいてて、藍月の行動を苦々しく見てる

そして、心から「できるなら隠し通してくれ・・・」と願ってる

天耀に背を向けて歩く藍月の目には涙が浮かんでいる

そのまま人目のない庭の隅でうずくまり泣く藍月

その藍月に声をかけてきたのは、第三皇子の江凱(こうがい)だった・・・

もちねこ

皇族には恋をしてはいけない!

女とも絶対にバレてはいけない!

藍月の秘める思いがつらいです!

天耀はやさしくてとってもいい主人なんだけど、その天耀のやさしさが逆につらいです!

試し読みする

大好評配信中!

ebookjapanはオトクがいっぱい!