「愛が死ぬのは君のせい 2巻」第9話 ネタバレ感想

IMG

こんにちは!もちねこです。

本日は、マーガレットの発売日です。

その中から「愛が死ぬのは君のせい」のご紹介をしたいと思います

もちねこ

ワルツが愛生に対して「好き」って感情を認めた回の続きである前話がよくわからなかったんだよね?
そうそう!ワルツの存在そのものがなくなって、一墨が元の一墨に戻っちゃった

ゆめねこ

もちねこ

ワルツの演技なのかな?って思っていたんだけど、どうも違ったみたいというのがわかる今話
まさか!こういう展開になるとは・・・ちょっと、想像できなかったよね

ゆめねこ

MEMO
「愛が死ぬのは君のせい」9話は、コミック2巻に収録されると思われます
注意
この記事には最新話のネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします。

「愛が死ぬのは君のせい 第9話」の見どころ!(ネタバレ有)

一墨の中にすでに“ワルツ”はいない?なぞの球体のことを覚えていない一墨

一墨がベッドで横になって、愛生を振ったことを考えています

自分にとって愛生は「隣に住んでいる幼馴染の女の子でしかない」と思う一墨

幼い時に告白されたのは覚えている

でも、返事をした記憶はなくて、高1になって「返事が聞きたい」と手紙をもらい、「恋愛対象としては見れない」と返事をした

ふと・・・あの時、愛生からもらった手紙はどこにやったんだろう・・・と思う

一墨が目を閉じ、次に目を開けると、部屋の中はぐちゃぐちゃになっていて、「なんだこれ・・・」と驚く

どうも、ゆうべ、手紙を探していて、そのまま寝落ちをしたことを思い出す

「もう別にいいよな。返事はしたし・・・どっかへいったならいったで・・・」と言います

学校に行くと、友人から「いつもの一墨だな」と声をかけられる

友人の言葉がよくわからない一墨

一墨は自分の手の怪我の原因に記憶が無いようで、友人に、「俺 なんで怪我したんだろう?」と聞いています

「しらねーよ」と笑う友人に「だよな」と答える一墨

なにか変な気がするし、疑問に思うこともあるのに、なにも考えたくないと思う一墨

“ワルツ”は愛生の中にいる?

シーンは変わり愛生

一墨に振られたショックで気分が悪い愛生は学校の保健室に行きます

保健室に行くと、自分を車道に突き飛ばした男が保健医の格好をしている

保健室の先生を夢の中で、自分を車道に突き飛ばした人間にしちゃったんだと呆れる愛生

けど先生が「それは僕が差し替えた記憶だ」と言い、“ワルツ”の話をしだす

先生は、「ワルツは、今、君の中にいる」と言うのです

先生の話によると、愛生の生命の大部分を今、“ワルツ”が支えていて、その負担のせいで“ワルツ”は休眠状態になっていると説明する

先生は、「今後 君がどういう状況に陥るのか予想できるデータがない」といい、今後、ワルツが休眠状態から覚めた瞬間に、愛生の意識が消える可能性もあるという

愛生は、もともと、ワルツに自分の体をあげる約束をしていたこと思い出します

さらに先生は、一墨との接触は避けてほしい。と愛生に言います

理由は、一墨も一度はワルツに体を乗っ取られた肉体を持つ

だから、一墨と愛生が接触することでワルツへの刺激になる恐れがあるというのです

中庭にいる愛生は、一墨とたまたま目が合います

愛生から目をそらす一墨に、ショックを受ける愛生は、くらっと倒れてしまう

その愛生に声をかけてきた男子

「大丈夫か?」と愛生の顔を覗き込むのです

一墨の中で生まれる不安。さらなる新キャラが登場?

愛生と目があったものの、気まずさから目をそらしてしまった一墨

愛生と顔を合わせづらくて悩んでいると友達が話しかけてくる

「昨日振った子と顔を合わせづらいなって」って話すと、友達が「また 好きな子がいるからって断ったん?」と聞いてくる

自分に好きな子なんていないけど・・・・と思う一墨

友達は「つきあってから好きになることもあるから、次に告ってきた子と とりあえずつきあってみれば?」とアドバイスをします

友達のアドバイスに「この先 誰かを好きになる」という気持ちがどうしても沸かず、なにかが、ぷっつり途切れるような感覚が一墨を襲う

途方もない深い大きな穴の淵に立ったみたいな気持ちになり、真っ青になる一墨

混乱する一墨に、この間、振った女子が話しかけてくる

「どうしても あきらめられない。おためしでいいから私とつきあってもらえなかな?」という女子

一墨は、自分の中に湧き上がる恐怖から逃げるようにその子と付き合うことを承諾するのです

この続きは、7月5日発売の「マーガレット」に掲載予定です

もちねこの感想

新キャラが登場しました

愛生に声をかけた男子と、一墨に告ってきた女子です

今後、どう話に絡んでくるのか楽しみですね

一墨は、あきらかに記憶が操作されています

おかしなことがいろいろ身の回りであるのに「深く考えたくない」と思う一墨

一墨!!そこ!!大事なところだよ!!ちゃんと考えてくれよ!!!!

このままじゃ、愛生がかわいそうすぎる~!!

“ワルツ”がそういう状態になっているとは、まったくわかりませんでした

そこまでして愛生のことを助けたかったって・・・

“ワルツ”・・・いいやつなの?それとも、なにか企んでいるの?

“ワルツ”の人格もどうも掴みきれないな・・・・

今後、わかるときがくるといいなって思います

「愛が死ぬのは君のせい 1巻」好評発売中!

彼の中にいるのは誰? 幼い頃、幼馴染の一墨に告白したのにその答えをなぜか覚えていない愛生。再び告白しようと、思い出の秘密基地に一墨を呼び出すのだけれど、そこで目にしたのは一墨の信じられない姿。目覚めると一墨は元通りだけど愛生だけには分かるのです。…一墨の中に別の誰かがいる!?

BookLive!

honto

楽天kobo

にこいちマーガレット 2018年11&12号

にこいちマーガレット 2018年11&12号 の配信が始まっています!