「愛が死ぬのは君のせい」第5話 ネタバレ感想【マーガレット2018年9号】

IMG

もちねこ

こんにちは!もちねこです!本日はもちねこが楽しみにしている「愛が死ぬのは君のせい」の最新話の紹介です

「愛が死ぬのは君のせい」のコミック1巻が5月25日に発売されることが発表されていました

どんな表紙になるのかすごく楽しみです

さて・・・

幼馴染の体を乗っ取った正体不明の発光体に 自分の体に入るよう言った愛生

しかし 幼馴染の一墨が体を乗っ取られながらも 最後まで渡さなかった心の一部を発光体に渡したことで 発光体は愛生の顔を見ると胸がキュンキュンと動悸がするようになってしまい・・・

それで?それからどうなった?の第5話です

注意
この記事には、「愛が死ぬのは君のせい」第5話のネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

「愛が死ぬのは君のせい」第5話より

もちねこ

キスをすることで一墨の体から愛生の体に入ることができるはずだった発光体・・・

けれど 愛生の顔を近くで見ると胸がドキドキしてしまい・・・

ここから下がネタバレとなります

愛生を見ると動悸がしちゃう発光体は・・・

愛生に近寄られると胸がバクバクする発光体は 後ろにズリズリ後退し逃げ腰になります

そして「気が変わった!やめた!」と言い出します

愛生は そんなこと急に言われても納得ができません

構わず 一墨の顔に自分の顔を近づけキスをしようとします

真っ赤になって動揺しまくる発光体は 力を使い愛生の意識を失わせます

気を失った愛生はそのまま一墨の体へと倒れ 一墨(発光体)は彼女の体を受け止めますが 動悸は激しくなる一方で・・・

発光体は真っ赤になって心拍数がさらに上昇しちゃうのです

発光体に名前をつけることに

愛生を家に連れて帰り 自分も家へと帰る発光体(一墨)

一体 一墨が最後に渡したものはなんなのか?

一墨の意識へと問いかけますが すでに一墨の意識はなく返事はありません

一墨の意識はないのに なぜこの体はあんなふうにドキドキしてしまうのかがわからない発光体

自分の思うがままにならない一墨の体をうっとおしいと思う発光体・・・

早く愛生の体に移りたいと思うのですが 同時に 愛生が消えることがすごく嫌だと思ってしまうのです

意識を取り戻した愛生は 「あいつ またやりやがった!」と一墨のいる部屋へと突進!!

再び「わたしの体に移動しろー」と一墨の部屋へ窓から入ろうとするのですが 足を滑らせ危うく転がり落ちそうになrます

それを助けた一墨(発光体)

愛生に「ありがと」と言われると もう一墨の心は「きゅん」ってなってしまう・・・

そして 愛生が「一墨」の名前を呼びまくると 今度は「イラっ」

「俺は一墨じゃない」と怒り出します

愛生が「じゃあなんて呼べばいいの?」と聞くと 「名前とかない」と答える発光体

愛生は 「名前をつければ?」と言い出し 「割ってくるヤツから略して“割るツ”とか」と笑いながら言う

自分に笑いかけてくれたことがうれしくなる発光体

そして そのまま自分のことを“ワルツ”と名付けるのです

最後には「移動」は今はできないということで 発光体の準備が整うまで待つということとなるのです

新キャラが登場し愛生ピンチに!

発光体の準備が整うのを待つこととなった愛生

信じるしかないと思いつつも 不安なまま日にちが過ぎていきます

愛生が不安を抱えたまま 街ナカを歩いてると 信号向こうにすごく目立つ存在感の男性がいることに気づきます

しかし 車が数台通り過ぎると信号機向こうにいた その男性の姿は消えてしまう

「あれ?」と愛生が思っていると 背後から「おい」と声をかけられる

愛生が振り返ると そこにはさっき信号機の向こう側ににいた男が立っている

愛生がびっくりしていると その男は「こんなところにいたのか」といい 愛生の体をそのまま道路に押し出します

後ろに倒れる愛生

そこに突っ込んでくる大きな車!!

そこで次回に続くとなっています

もちねこの感想

今号も面白かったです

何が面白いって やっぱり毎回引きのよさがいいですよね!この作品!!

「え?どうなっちゃうの?」ってところで続くので すっごくわくわくできるんです

さて・・・・

一墨の最後の心の欠片を渡された発光体こと「ワルツ」は どう見ても 愛生に恋をしちゃっています

一墨の最後の心の欠片は 愛生への恋心だったと思われます

発光体はその胸のときめきを なにかしらの異常だと思いかなり焦っています

けど・・・

この発光体が 愛生に対して ドキドキして真っ赤になっている姿が なんかかわいくて憎めない!!

愛着が湧いてきてしまいますが でも発光体に愛着を持っちゃうと一墨はどうなっちゃうの?って気もして・・・

心の中が複雑です

次号の展開も楽しみですね!!

「菜の花の彼」 試し読み

桃森ミヨシ✕鉄骨サロの「菜の花の彼」は、二人のイケメンにはさまれたヒロインのラブストーリー!とても、とても強い思いで誰かを好きって思える3人のラブストーリーが楽しめます

【honto】菜の花の彼全14巻セット

「マーガレット 2018年9号」試し読み

もちねこ

マーガレット9号はなんと通算2000号記念スペシャルとなっています。大ボリューム614ページを390(サンキュー)円で配信です!!