「愛が死ぬのは君のせい 2巻」第11話 ネタバレ感想

IMG

こんにちは!もちねこです

先日、発売されたマーガレット2018年16号より「愛が死ぬのは君のせい」最新話の紹介です

MEMO
「愛が死ぬのは君のせい」11話は、コミック2巻に収録される可能性があります
注意
この記事には最新話のネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします。

「愛が死ぬのは君のせい 第11話」の紹介!(ネタバレ有)

然に全てを話す愛生

学校でぐったりしている愛生のことを助けた然

倒れた時に愛生が、「一墨を私に近づけたらダメ」と言った理由を聞いてきます

愛生は「フラれたからだよ!」と精一杯に誤魔化しますが、倒れたときの愛生の様子から、それだけじゃないと疑いの目で愛生を上から見る然

然は愛生の弟がいる病室から愛生と場所を移します

そして、病院の談話室に連れていき、倒れていた時に言っていたうわごとについて再び聞いてきます

愛生は、「作り話だ」というのですが、然はいきなり、自分が小さい時にUFOを見た話をしだします

小さい時にUFOを見て、それを誰にも信じてもらえなかった時、すごくくやしかったという然

だから、自分とおなじように信じられないようなことをいうやつがいたら、俺だけはバカにしないで話をきいてやろうって思っていたというのです

然の軽さと真摯さに愛生は自分の身に起こった不思議な出来事を然に話し始めます

愛生をなぐさめる然

話した先から、後悔をしだす愛生

なぜなら、一墨は、小さい時に同じ怖い思いをし、それを誰にも話さず愛生を守ってくれました

小さいときから怖い思いを抱えていた一墨に比べて、自分は誰かにこの話をして、今、ホッとしている・・・と泣き出します

然は、「一墨は優しいやつなんだろ?だったら、同じようになんて苦しんでほしくないさ」と慰める

そして、ヘラって顔をして「もしかして、忘れたお前に黙ってたのは、ブルって何も出来なかった自分のことを思い出してほしくなかったんじゃないかな?」って言います

そして、愛生の頭をポンポンしながら「あんま自分を責めんなよ」というのです

然の慰めにただただ驚く愛生

ひとりで全てを抱えていた愛生の気持ちがちょっと軽くなるんです

然と謎の美少年が接触

病院の帰り、愛生が話してくれた話を整理し、一墨のことを考える然

愛生は、「一墨はやさしいから・・・」と言っていたが、それ以上の感情がそこにあったと想像できます

そんなことを考えて歩く然に愛生をつきとばした謎の美少年が接触してきます

「話を聞いたな」と声をかけてくるんですが、然は、驚きながらも「いっこ、聞いていい?俺 思ってたんだけどよ!もしかして、地球外生命体?」と聞いちゃいます

謎の男は「この惑星で発生した生命ではなく外部から来たという意味ではそうだな」と地球外生命体であることを認めます

小さい頃、UFOを見て、その存在を信じてる然は、ちょっと感動しています

そして、謎の生命体は、「僕には知りたいことがある」と切り出して「僕の知るワルツに関した経緯を今から説明する。そのうえで君に見解を聞きたい」と言います

シーンは変わり、病院帰りの愛生

家の側で愛生の目に入ったのは、一墨が女の子とデートをしている姿でした・・・

ショックを受けている愛生の表情で次回に続くです

次回の掲載は、8月20日発売のマーガレット2018年18号です

もちねこの感想

謎の美少年が、謎のままで、なにをしたいのかがさっぱりわかりませんねー?

ワルツに興味を持ってそれを見守ろうって思っていると思うんですが、自分ひとりでは、理解不能で然に接触してきたということでしょうか?

謎の美少年が「愛生の価値判断は極端に偏っていて聞くに値しない」って言っています

然は、おせっかい少年的ポジですね

軽くて一緒にいると心が軽くなる感じがいいですね!

次回の展開も楽しみにしています

「愛が死ぬのは君のせい 1巻」好評発売中!

彼の中にいるのは誰? 幼い頃、幼馴染の一墨に告白したのにその答えをなぜか覚えていない愛生。再び告白しようと、思い出の秘密基地に一墨を呼び出すのだけれど、そこで目にしたのは一墨の信じられない姿。目覚めると一墨は元通りだけど愛生だけには分かるのです。…一墨の中に別の誰かがいる!?

試し読みはこちらから

にこいちマーガレット 2018年13&14号

にこいちマーガレット 2018年13&14号 の配信が始まっています!