「愛が死ぬのは君のせい 2巻」第10話 ネタバレ感想

IMG

こんにちは!もちねこです

本日は「愛が死ぬのは君のせい」の最新話の紹介です

MEMO
「愛が死ぬのは君のせい」10話は、コミック2巻に収録されると思われます
注意
この記事には最新話のネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします。

「愛が死ぬのは君のせい 第10話」の紹介!(ネタバレ有)

一墨は別の女の子とつきあうことになる

一墨に告白してきたのは津村心音ちゃん

ウェーブの髪が似合っているなとってもおとなしげで優しげな女の子です

一墨が「つきあう」と返事をし、なにかしてほしいことある?と聞かれて「下の名前で呼んで欲しい」と答えています

一墨は心音に「前に告白を断った時はなんて言ったのか?」と聞きます

心音は「他に好きな人がいるからって・・・」

告白を断るためのいいわけだと思っていたと言う心音

一墨は、それが常套句だとしたら、どうして愛生にははっきりと「恋愛の対象として見れない」と言ったのか?疑問に思うのですが・・・

うわごとをいいながら倒れる愛生。側にいた男子高校生は愛生に興味を持つ

シーンは変わり・・・倒れた愛生のシーンへ

愛生を助けのは、たまたまそこに通りかかった男子生徒

男子生徒は保健室に連れて行こうとしますが愛生は、「保健室には突き飛ばしたやつがいるから、やだ~」とクラクラ状態で答える

熱のせいか、かなり朦朧としている愛生は、見知らぬ男子生徒に、「ダンプカー前に突き飛ばしたやつが・・・」「一墨は一墨に戻ったの・・・」「一墨は巻きこまないでー」とよくわからないことを言う

結局、完全に意識を失った愛生を男子生徒は保健室へと連れて行きます

保健室に行くと、さっきの男ではなく保険医の女の先生がいて、倒れた愛生のために救急車を呼んでくれます

よくわからないうわごとを言っていた愛生のことが気になる男子生徒は、保健の先生に聞いて、愛生のお見舞いに行きます

愛生に興味を持った男子生徒が・・・

シーンは病院へと移ります

愛生のお見舞いにきた男子生徒

愛生のお母さんに会って、名前を「雪平 然(ぜん)」と名乗ります

愛生はちょうど売店に行っていて病室に不在で、そのまま愛生の弟と病室に取り残される雪平

元気のない愛生の弟に話しかけます

すると愛生の弟は、「この病院。お姉ちゃんが死にかけた病院だから嫌い」と言います

どうも、愛生の弟の記憶はすり替えられていないようです

弟の話を聞きながら、倒れた愛生のうわごとを思い出す雪平

雪平は、怯える弟を「それは夢だよ」と励まします

そこに病室に戻ってきた愛生

保健室に運んでくれた雪平に明るくお礼を言う愛生

その愛生に明るく「いやいや気にすんなって!」と言いながら、耳打ちで「なんで一墨に近づいたらダメなの?」と聞きます

もちねこの感想

新キャラの雪平がグイグイきますね

好奇心で愛生の病院にまでやってきちゃう!

この先、どういうポジションで活躍するんでしょうか?

一墨も、なにかがおかしいことに気づいているのに、あまり、そこを追求しませんね

深く考えないようになにか大きな力が働いていると思いますが・・・・いつ、なぞの球体のことを思い出すのかワクワクします

この続きは7月20日発売のマーガレットに掲載予定です

「愛が死ぬのは君のせい 1巻」好評発売中!

彼の中にいるのは誰? 幼い頃、幼馴染の一墨に告白したのにその答えをなぜか覚えていない愛生。再び告白しようと、思い出の秘密基地に一墨を呼び出すのだけれど、そこで目にしたのは一墨の信じられない姿。目覚めると一墨は元通りだけど愛生だけには分かるのです。…一墨の中に別の誰かがいる!?

試し読みはこちらから

にこいちマーガレット 2018年13&14号

にこいちマーガレット 2018年13&14号 の配信が始まっています!