ネタバレ感想!コミック分冊版8話!「わたしの幸せな結婚」2巻

IMG

こんにちは!もちねこです

「ガンガンONLINE」アプリにて先行配信中の大人気のコミカライズ「わたしの幸せな結婚」の紹介です

コミック1巻の続きがこちらになります

もちねこ

この物語は・・・

異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘、斎森美世が
能力を開花させた異母妹に使用人のように扱われ、親にも愛されず、
唯一の味方だった幼馴染も異母妹と結婚し家を継ぐことになり

冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことになる

しかし、そこでやさしい旦那様に出会い幸せになるまでを描いたコミック

前回のあらすじ

ふりかえり

異能の能力を持たない美世は、いつか旦那様に愛想をつかされると思い込んでいる

そんな美世のことをデートに誘う旦那様

美世に櫛をプレゼントしてくれるのです

こちらで紹介する内容はおおまかなネタバレとなります

わたしの幸せな結婚【分冊版】 8

わたしの幸せな結婚【分冊版】 8

詳しい内容を知りたい方は、こちらをクリック!

注意
この記事は「わたしの幸せな結婚」コミック2巻に収録予定のネタバレが含まれます。
ネタバレNGの方は閲覧にご注意をお願いします

分冊版「わたしの幸せな結婚」第8話 あらすじネタバレ

櫛のお礼になにかしたいと思う美世

旦那様から櫛をもらったお礼に、なにか贈りたいと思う美世

お手伝いさんのゆり江さんに相談したら「美世さまの手作りがよろしいかと思いますよ」と答える

手作りの品などみすぼらしいと思われないかしら?と不安な美世

ゆり江は「坊ちゃんはそのようなことを思ったりしませんよ」と笑ってくれる

旦那様を育てたゆり江の力強い言葉に、旦那さまの髪を結わえる組み紐を自分で編もうと思うのです

組み紐の材料を買いに行くため、旦那様に、明日、ゆり江とふたりで街に出かけると伝える美世

美世が外に買い物に行くと聞いた旦那様は、心配で一緒についていきたいみたいだけど

旦那様の贈り物の材料を買いに行くのが知られるのは恥ずかしいと思った美世は、ゆり江とふたりで行ってきます。と答えます

 

心配する旦那様は、美世に、お守りを渡します

「絶対に肌身離さず持っていろ」と言う旦那様

美代は、旦那様が心配してくれていることをうれしく思うのです

他の女性と結婚することになっても美世を心配している幸次

一方・・・

美世の幼馴染であり想い人であった幸次の家である辰石家

辰石家の当主は、異能の力がなくても美世を嫁にほしかったのに、美世が久堂家の許嫁になってしまいずっとイライラしている

当主の機嫌の悪さで家の空気もピリピリしてる

けれど、幸次だって美世と結婚したかったのだ

でも、やさしい幸次は流されるがまま美世の妹である香耶と結婚しなければならない

香耶の顔を見るたびに、美世をいじめてきた彼女へのいら立ちが沸き上がるが

自分の役目は、久堂家の許嫁になった美世に香耶が手を出さぬように見張ることだ・・・と言い聞かせてる

幸次は、美世を守れるのは自分だけなんだ・・・と思っているのです

街中で美世に声をかけてきたのは

そして・・・

ゆり江と一緒に買い物にでかける美世

誰かの喜ぶ顔を想像してなにかをすることはこんなに楽しいことなんだ・・・と笑ってる

例え、一時の幸せだとしても、こんな幸せな時間を味合わせてくれた旦那様には感謝しかない・・・と思う美世

買い物が済んだ後、ゆり江が、ちょっとお塩を買ってくるので待っていてください・・・と離れてしまう

街中でひとりぼっちになって心細くなる美世

その美世に声をかけてきたのは、美世の妹である香耶

もちねこ

美世が、自分ではなくゆり江と一緒にお買い物に出かけると聞いて

心配する清霞の必死ぶりがいいです!

美世!愛されてるね!!!

コミック版を試し読みする

大好評配信中!

ebookjapanはオトクがいっぱい!

ノベルズ版はこちらからどうぞ!