「プロミス・シンデレラ 10巻」70話ネタバレ感想

IMG

橘オレコ先生が描く「プロミス・シンデレラ」70話の紹介記事です

「プロミス・シンデレラ」10巻には66話~73話までが収録です

注意
この記事は「プロミス・シンデレラ 10巻」のネタバレが含まれます

今までのあらすじ

ふりかえり

壱成と仲たがいしている早梅は

壱成にあやまる方法を考えている

しかし、壱成は新しく来た中居のさくらと仲良くなりはじめて・・・

「プロミス・シンデレラ」第70話「女子のくせに」(あらすじネタバレ)

先輩って響きにうっとりする壱成

さくらに注文の取り方を教える壱成

そんな壱成の姿を見た洸也は、壱成がちゃんと教えている姿に感心して、「頼れる先輩」と壱成のことを持ち上げる

「先輩」という響きにぽわーんっとなった壱成は、さくらに「なにか困ったことがあったら俺に言え!」と言うのです

 

しかし・・・

 

茶房に働いた初日から、なんでもひとりでできた壱成は、さくらにもできるだろ。と、さくらにひとりでオーダーを取りに行かせる

それを見てた洸也は「え?初めてなんだからついていってあげなよ!」と壱成に言って

壱成は「そういうもなの?」って顔で、さくらの後からついていく

 

さくらは、お客さんから飲み物の違いを聞かれ、しどろもどろになっていて、そこに現れた壱成に助けられるのです

ひとりでオーダーをとることができなかったさくらは「すみません」と壱成に謝る

けれど、壱成は「俺のミスだわ」と言うのです

壱成のやさしい言葉に頬を赤らめるさくら

成吾の態度に澪はドキドキ!

そして・・・

そのころ、澪(九重さん)はどうしているかというと・・・

天馬から別のスパイを用意すると言われ、なにがなんでも汚名を挽回したいと思っていて!

成吾の弱みを握ろうと、成吾の前でわざと転び、色仕掛け作戦に出る

ほらほら!着物から露出している手や腕にドキドキするでしょ?と成吾を見る澪だが

成吾は平然とした態度で転んだ澪の手を握り、助け起こし、さらに、「また倒れたら大変だ」と休憩室に手を握ったまま向かおうとする

澪は男性とつきあったことが一度もなく、ネットの情報を鵜呑みにして、この色仕掛け作戦を決行しているから

顔色一つ変えない成吾に「なぜ!!!」と驚いている

困惑している澪の顔を覗き込み「大丈夫ですか?」と聞く成吾

成吾の顔が近くに寄ってきて、澪は、思わず「触らんといて!」と成吾の頬を思いきりぶって逃走してしまう

残された成吾は茫然・・・

近くにいた藤田さんに「今のってセクハラですか?」と尋ねてる

近づく壱成とさくらの距離

茶房のバイトの帰り・・・制服姿の壱成とさくらが一緒に歩いている

壱成に、苗字で呼ばれるのは好きじゃないと言われ「壱成くん」呼びになるさくら

あまりに仕事ができなくて自信喪失しているさくらに、とにかくメニューを覚えろ。と公園で教える壱成

ベンチを机代わりにして壱成のいうメニューをメモしていくさくら

ふと、後ろにいる壱成を見ると、壱成はブランコの高い部分にまたがっていた

驚いたさくらは、「どうやって登ったんですか?」と聞く

壱成は「簡単だろ」というけど

さくらは「できないですよ」と答える

しかし、壱成から「できないの?」と言われたさくらは、ムッとした顔になり、ブランコの端っこの棒に手をかけ必死に登ろうとする

そんなさくらを見て、楽しそうに笑って手を差し伸べる壱成

「まじでやんなよ・・・女子のくせに」と柔らかい笑顔を見せるのです

その壱成の笑顔を見たさくらは、再びキュン!

「今度の土曜日、一緒にどっかに行かない?」

家に帰った壱成は、自分に後輩ができたことを早梅に話したくてうずうずしている

しかし、今は早梅と喧嘩中でそれができない

部屋でひとり悶々としていると、早梅の方から壱成の部屋へとやってくる

やってきた早梅は壱成に「今度の土曜日、一緒にどっかに行かない?」と言ってきて

壱成は、早梅からのお誘いに「え!」と頬が赤くなるのです

どんな作品?「プロミス・シンデレラ 1巻」を立ち読みチェック!

もちねこ

さくらは、天馬が用意した刺客だと思っているので

本当に、壱成と同じ学生なの?と疑っていましたが

制服姿がむちゃくちゃかわいい女子高生でした!

でも、普段はバリバリの関西弁を喋っているから!

やっぱり、この子は天馬の関係者なんでしょうね

デートに誘われた壱成が、赤くなる顔がかわいかったです

早く素直になったほうがいいと思うよ!って気持ちでいっぱい!!!