「プロミス・シンデレラ10巻」67話ネタバレ感想

IMG

橘オレコ先生が描く「プロミス・シンデレラ」67話の紹介記事です

「プロミス・シンデレラ」10巻には66話~73話までが収録です

注意
この記事は「プロミス・シンデレラ 10巻」のネタバレが含まれます

今までのあらすじ

ふりかえり

天馬に強引に遊園地に連れていかれた早梅

無事、ネックレスが戻ってきて安心したのもつかの間!

天馬にキスをされて!

「プロミス・シンデレラ」第67話「どうぞこちらへ」(あらすじネタバレ)

早梅を落とす計画を続行!

いきなりキスをされた早梅は茫然となり固まる

けど、意識が戻ったとたん、右手をふりあげて「なにすんのよ!」と怒る

早梅の振り上げた右手をつかみ「俺はお前が気に入った。今後は、俺との約束をなにより優先するんや」という天馬

早梅は「なにいってんのよ!」と言い返すが、ちょうど、そこで観覧車が地面に到着し、天馬は「ほな!楽しかった!」と帰っていく


 

そして・・・天馬が戻ってくるのを待っていたのは九重さんに向かって、「あの女が落ちるのも時間の問題や」と語る天馬

けれど、九重さんは天馬が女性を落とすのにこんなに時間がかかるなんて!?と驚いて・・・

わたしのほうでなんとかしましょうか?と返事をする

天馬は、、この計画は続行する!といい、「だって、あの女は、すでに俺に惚れてるから!」と言うのです

九重さんは、さっきは「落ちるのは時間の問題だ」と言っていませんでしたっけ?と聞き返す

天馬は、「お前の聞き間違えや!」と慌てる!

九重さんは、天馬がどうしてそんなに早梅にこだわるのか?不思議って顔・・・

早梅が成吾とつきあっていないことを知った天馬

天馬は成吾の旅館にあいさつにいく

そして、いつものように成吾を食事に誘う天馬

断る成吾

天馬が「ひどいな・・・彼女ばかりじゃなくて、俺も相手にしてくださいよ」と言うと

成吾は「そういう女性はいませんよ」と返事をする

天馬は、「?」という感じで、思い切って、この旅館の髪が短い女性と同じ家に住んでいるって聞きましたよ。と聞く

成吾は、ああ!って顔をし、「彼女は確かに自分の家に住んでいますが、僕はそこで生活をしていません」と答える

天馬は「じゃあ、なぜ、彼女は成吾さんの家に?」と聞くが、成吾は「社員のプライバシーなので」と話さない

天馬の頭の中でクルージングにきていた早梅の姿がよみがえる

あの時、一緒に居たのは成吾の弟だった・・・と思う天馬

早梅が大事にしているネックレスをくれた相手に気づく!

そこに早梅が通りかかる

早梅は天馬に気づいて、声をかけず背中を見せるが、天馬が「逃げんなや」と声をかける

振り向いた早梅を見て「あれ?この女・・・こんなにベッピンやったっけ?」と思う天馬

 

天馬は、早梅のことを食事に誘おうといろいろ提案する

けれど、どんなに美味しそうな食事を提案しても「結構です」と返事をする早梅

天馬は、1年待ちしないと手に入らないスイーツも用意してて!

それを早梅にちらつかせながら「欲しいんやったら、くれてやってもいいんやで」と上からな態度で渡そうとする

でも、それも早梅は「受け取れません」と断る

 

いい返事をくれない早梅に「なんでやねん!」と素が出る天馬

早梅は「あなたのことが信用できないからです」と答える

ここで、天馬は、「ネックレスをくれたのは、成吾さんの弟か」と聞く

高校生相手に、そんな気を持ってんのか?と聞く天馬

早梅は、頬を染めつつ怒り顔で「持っていません!」とムキになる

早梅の反応に、早梅の相手が成吾の弟の方だと確信した天馬は、そのまま、壱成が働く旅館内の茶房へ向かう

どんな作品?「プロミス・シンデレラ 1巻」を立ち読みチェック!

もちねこ

早梅の相手が成吾じゃなく、弟の方?とようやく気付きましたね!

壱成の方は、実は、このままグズグズしてたら、別の相手が出てくるんじゃないかと心配してて

そのタイミングで天馬が茶房に入ってくるんです

すごいな!

野生の勘か!!!

天馬と壱成の対決が始まるのか!

次回に期待ですね!