大人気webコミック「さぁ、ラブの時間です!」がついに単行本化!【コミックレビュー】

IMG

もちねこ

昨日、本屋さんに行ったら「さぁ、ラブの時間です!」の1.2巻が平台に並んでいてびっくりしました!!

WEBコミックの方は、すでに10巻まで続いていますが、単行本化がされていなかったんですね!!

この作品ね・・・、むっちゃ面白いんですよー。1巻読んだら最後、気づいたら、最新刊まで、ポチを繰り返す羽目になってしまうくらい続きが気になっちゃうラブコメなんです。

attention
この作品は大人女子向けのコミックです。閲覧にはご注意をお願いします

「さぁ、ラブの時間です!」のここがすごい!

IMG

画像引用:「さぁ、ラブの時間です!」1巻帯より

IMG

画像引用:「さぁ、ラブの時間です!」2巻帯より

わたしはRentaさんの方で買っているんですけど、新刊が配信されると、ソッコー、ランキング1位にランクインする作品なんですよ。

だから、人気がある作品なんだろうな。とは思っていたけど、600万DLもされているとは!!

でも、驚くと同時に納得する気持ちもある

だって、この作品、ほんとに面白いんですよ!!

煽りに「オンナが仕掛ける新感覚ラブコメ」とあるんですが、物語を引っ張っていっているのはヒーローではなくヒロインの方なんですよね。

明るくて、ちょっと恋に臆病なヒロインには共感できる要素は盛りだくさんあるし、ヒロインの恋敵がほんとにイヤなオンナで、そこも読んでて面白い!

全体にコミカルで、こうなるべきという恋愛コミックのセオリーを気持ちよく裏切ってくるところもあって、読んでいて、ほんと、ワクワクするコミックなんです

「さぁ、ラブの時間です!」1巻・2巻の見どころ

スーパーエリートなのに、女性スキルゼロの情けないヒーローにキュン

IQ180という頭脳を持ち、金融庁のキャリア官僚となった酒盛はじめは、順調に出世街道を驀進し、28歳で課長補佐まで登り詰めたスーパーエリート!

しかし、そんな彼の唯一の弱点は・・・・

女性とつきあったことがないということ!!←もちろん、DTよ!!あはは!!

しかし、28歳ともなれば、そろそろ、“結婚”をしてもいいお年頃!!

そんな彼の理想の女性は「出産適齢期である22から25までの健康な女性。おとなしく控えめで料理ができて、家庭を守ってくれる女性」

いやいやいや・・・30手前で、女性に夢を見すぎだよ~!こういう理想を持っちゃう男性が一番、結婚できないもんだよ~!!って、つい思っちゃう。

そんな彼の前に現れたのが、女性ファッション誌のフリーライターの瑞木

雑誌インタビューの取材を機に出会い、たまたま、同じマンションに住んでいることをきっかけに、女性扱いに関する指南を彼女に頼むことになるんだよ

そして、女性への耐性がない酒盛が、暴走しちゃって、このふたり、出会って早々、ベッドを共にしています。

ふたりの関係は、体の関係は持っちゃったけど、女性の扱いを教える指南役と、その生徒役のままで話はどんどん進んでいくんです

仕事に関しては、スーパーエリートの酒盛が、女性の扱いだけはさっぱりわからなくて、何かあるたびに瑞木にアドバイスを頼み、瑞木の指示におとなしく従う姿がむっちゃワラえるんです。

でもでも、女性に耐性がないから、あざと女子に、まんまとひっかかっちゃって・・・

この時点で、酒盛は、瑞木に対してほのかに恋心を芽生え始めていると思うんだけど、自分の気持ちに気づかず、そのあざとオンナの罠にまんまとハマり、つきあっちゃいます。

こんな流され系ヒーロー、初めて見たよ・・・

でも、この情けなさが、すごい、守ってあげたくなるのはなんでなんんだろう・・・

イケメンだからか・・・仕事ができるスーパーエリートだからか・・・?

いや・・・反省するところはちゃんと反省する素直さと、ここぞという時に見せる強引さが、なんか、母性本能をくすぐるんですよね・・・

ヒロインの無自覚恋愛ぶりがじれったい!

明るくてたくましいイマドキ女子のヒロインの瑞木もすごく魅力的です

彼女は、過去に他のオンナの男を寝取った過去があるんですけど、その時の学んだことから、「いつか、自分のプライドよりも大事な人に出会えるまで誰ともつきあわない」って決めています

甘いも酸っぱいも味わった大人女子だからこそ、恋に対して慎重な面があり、酒盛と体の関係を持っても、深入りせず、指南役でありつづけようとするんですが・・・・

でも、いつも、気がつけば、女性の扱いがさっぱりダメで情けなさいっぱいの彼を受け入れちゃっているんですよね・・・

酒盛に振り回されている自分が嫌になって、つい、「(他の女性と)恋愛しなさい」なんて言っちゃって、後悔する羽目になっちゃうのが2巻なんです。

脇役も魅力的で、続きが気になって仕方ない!

酒盛と瑞木を取り囲む脇役も、みんなクセがあって、読んでいて、とってもハラハラ、ドキドキの連続のコミックです

体の関係があっても、それが、イコール「彼氏と彼女」にならないところが、大人女子向けのコミックって感じだと思います

単行本コミックは、隔月刊行とありましたが・・・

でも、たぶん、紙コミックを読んだら最後、続きが気になって仕方ないと思う・・・

わたしも、気づいたら、最新刊まで一気読みしてて、これ以上、続きが出てないと知ったとき、むっちゃ、がっくりきたのを覚えています。

この作品が気になる方は、電子書籍から試し読みができますので、そちらをチェックしてみてくださいね

試し読み出来ます