「少女少年学級団 8巻」第36話 感想ネタバレ 【ザ・マーガレット】

IMG

もちねこ

こんにちは!もちねこです!本日の記事は 藤村真理先生の「少女少年学級団」の最新話のご紹介です

もうね・・・今号の「少女少年学級団」は 読んでいてつらかった・・・

だってだって!!

あのかわいい小学生だった遥たちが 立派な高校生になっているぅぅぅ!!

前号の終わり方から ある程度時間が進むんだろうな・・・とは思っていたけど まさか いきなり高校生になるとは!

ちょっとちょっと!!時間が流れ過ぎじゃない!?

うう・・・・中学生の遥も見たかったよ・・・と残念で仕方ない・・・

いろいろ複雑な気持ちを抱えているんですが 紹介記事を書きたいと思います

MEMO
「少女少年学級団」の36話は コミック8巻に収録されると予測されます
MEMO
この記事には、ネタバレが含まれています。ネタバレNGの方は、閲覧にご注意をお願いします

「少女少年学級団 第36話」のここがオススメ

高校生になったみんな…でもそこには遥の姿はなく…

小学生の頃埋めたタイムカプセルを掘り起こす子供たち

小絵ちゃん、萌香、一寛、渡がいますが そこにはの姿はありません

みんな各々にタイムカプセルに入れたテストや写真や自分の将来の夢を見て わいわいおしゃべりが弾みます

一寛は定時制に通いながら仕事と勉強をがんばっていて 渡は夢である甲子園に向かってがんばっています

小絵が 渡に「遥ちゃんの学校とは当たらないの?」と聞きますが 地区が違うから当たらないという渡

遥の名前が出て沈む萌香

どうも タイムカプセルを掘り起こすイベントに遥も誘ったみたいなんですが 遥は現れなかったようです

みんなの会話から 遥が去年の春 ヒジを痛めたことがわかります

それから みんなとの連絡を絶ってしまい 学校もサボりがちで 放課後は部活をせずに遊び歩いているようです

一寛が 「こういう時 健兄がいたらいいのになって思う」と言います

遥のことを心配し 重い空気になる一同・・・

中学生になった遥の姿は…

シーンは 遥の通う学校になります

女の子に囲まれて ちやほやされている勇馬の姿が・・・

その勇馬に声をかける遥

遥は昔の面影がなく だらしなくネクタイを結び 荒んで ちょっとイキった表情で勇馬の前に立ちます

「何か用?」と聞く遥に 勇馬が「部費払っていないの遥だけだから・・・」と声をかけます

力なく「そっか」と言い下を向く遥

その遥に「立て替えておこうか?」と聞く遥

遥は遠慮することなく「助かる」と言います

もうすぐ地区大会が始まるのに 部活に出ない遥に注意をする勇馬・・・しかし  遥は それには耳を貸さず教室から出ていってしまいます

帰ろうとする遥に声をかけてくる女子二人組

初めて会話する女子たちに連れられ 遥は そのまま街へとくりだします

一緒にショッピングをしている最中に女子二人組が「部活やめて暇なら 割のいいバイト紹介しよっか?」と声をかけてきます

考える遥に 今度は また違う女子が話しかけてきます

キラキラした小学生の頃に戻りたい…

それは 小学生の時 一緒に読モをやった瑠菜でした

お互い あれから数年たって姿形は変わりましたが 「なつかしーね」とふたりでゆっくり喋れる場所へと移動します

今でも野球をがんばってるの?と聞く瑠菜に 「もう やっていない」と返事する遥

瑠菜も 「わたしも学校やめたんだ」と話し始めます

子供の頃と同じままではいられないよね・・・と話す瑠菜

遥は 高校になって 野球部の練習が男子についていくのが精一杯になっていたことを話します

ヒジのケガはきっかけでしかなく もう野球をすることが疲れてしまった

子供の頃夢見た「プロ野球選手」になる夢そのものが間違いだったのかも・・・と話します

瑠菜も 「たまに思うんだ 小学生の頃に戻りたいなぁって・・・あの頃 時間が止まっていればよかったのに・・・」

キラキラしていた小学生の頃を思い出す遥

その思い出の中にいる健兄・・・

でも 今の自分は すべてをなくしてしまった・・・と遥は思うのです

強い力に引っ張られる遥!その強い力の人物は…

学校で 先日の二人組の女子のひとりがまた声をかけてきます

「このあいだ言っていたバイト やってみない?」

遥は 考えなしにその女子についていっちゃいます

学校帰りの路地裏に連れて行かれ そこで遥達を待っていたのは どう見ても 胡散臭そうな雰囲気のお兄さん・・・

遥をバイトに誘った女の子は 遥を男の人に引き渡して 早々と帰ろうとします

その時 遥の腕をぐいっと引っ張る誰かがいて 遥は その人物に引っ張られ どんどんその場から引き離されていきます

何が起こったのかがわからずに「離せ!」と叫ぶ遥

強い力は遥を離します

「いきなるなにすんだよ!」と遥が叫ぶと 遥の目の前にある背中から「おまえこそ なにしてんだよ」と聞こえてきます

その声に 驚いて顔を上に向ける遥

目の前には 健兄がいて・・・

そこで続くとなっています

もちねこの感想

うわー!!こんな目の荒んだ女の子が あのかわいかった遥の未来の姿とは思いたくない!!って思ってしまいました・・・

なんていうんでしょう・・・

かわいいうちの子が グレちゃった!!ってくらいにかなりショックです・・・

結局 健兄は 大阪の大学に進んで 全くこっちに帰ってこなかったんですかね?

同じ団地に住んでいるのに 小学校卒業式の日から一度も会っていないって感じです・・・

健兄・・・遥から離れようって決心したのはわかるけど そこまで徹底しなくても・・・

勇馬も あれだけ強く「遥は俺が守る!」って言っていたのに・・・

あまり役にたっていないですねー・・・別の女の子にやさしくされてデレてるんじゃないよ!!って感じです

遥が荒んでいたので ちょっとつらい展開でしたね・・・目が死んでるよ・・・

次号は 好転するといいなって思うんですが・・・健兄とはなれていた時間がながすぎて そんな簡単に縮まるとは思えません

次回の展開を待ちたいと思います

「少年少女学級団」は、「ザ・マーガレット」で連載中です

「少女少年学級団」は、現在、7巻まで発刊中です。

【honto】「少女少年学級団」1-7巻まとめ買い