「私たちはどうかしている」2巻 ネタバレ感想

IMG

テレビドラマ化が決定した「BE・LOVE」で連載中の「私たちはどうかしている」!

和菓子という美しい世界観を舞台に、亡くなった母親の無実を証明するため憎い相手と結婚する道を選んだヒロインの恋を逆境を描いたサスペンス要素有りのラブストーリーです

実写化されるということですので・・・

これを機会に紹介していきたいと思います

作品紹介

♯BE・LOVE
♯安藤なつみ
♯ドラマ化
♯おさななじみ・サスペンス・復讐劇

Renta!

シーモア

七桜(なお)を15年まえの幼なじみだと知らずに結婚を申し込んだ椿。殺人罪の濡れ衣を着せられた母の真実を探りたい一心の七桜はそれを受け、光月庵に住み始める。しだいに明らかになる確執と大旦那の恨み。リベンジに動き出す七桜だが、椿が言い出した提案に息を呑む。憎しみと同時に湧き上がる熱い思い。七桜は彼を拒絶できない――!?

登場人物

花岡七桜

和菓子職人だった母の才能を受け継いだヒロイン。

15年前に殺人容疑をかけられたまま亡くなった母の無実を証明するため老舗和菓子屋の「光月庵」に乗り込む

高月椿

老舗和菓子屋「光月庵」の跡取り息子
親が決めた結婚を破談にするため、和菓子対決で出会った七桜にプロポーズした

「私たちはどうかしている」2巻のネタバレあらすじ

前巻のあらすじはこちらから

IMG「私たちはどうかしている」1巻 ネタバレ感想

白藤屋へ持っていく御菓子の最終チェックをしたのは?

用意した和菓子が真っ赤に汚されていた!

倒れた七桜を受け止めたのは椿

椿が別の和菓子を持参したことで、白藤屋の女主人の態度は柔らかくなったが

やんわりと、七桜が持参した御菓子について「七桜さんの気持ちも十分に受け止めました」と嫌味を残す

そして・・・

白藤屋からの、帰り道に持参した御菓子を汚されたということはどうでもいい・・・わかっているのは、大切なお客様を失った事実だ・・・と椿からも突き放される七桜

光月庵に帰った七桜は、傷ついた心を癒すべく厨房にひとりいる

そこに現れるのが新米職人の城島くん

座り込んでいる七桜に「どしたんですか?」と聞く

七桜は「白藤屋さんの御菓子のことで・・・」と答える

そしたら、城島くんが「あれ、今朝、女将さんがチェックいれていましたよね?」と言う

ドキッとする七桜

もちねこ

あきらかに、和菓子を赤く染めたのは女将の仕業です!
でも、証拠もなく・・・泣き寝入りするしかない???

>>「私たちはどうかしている」を試し読みする

白藤屋からの再注文!?裏にいるのは・・・

七桜が自分の部屋に戻ると、女将(椿の母)が七桜の荷物を勝手にまとめてる

七桜は「なにするんですか!」と困惑

女将は、「常連客に失礼をする人間は置いておけないわ」と平然な顔で言う

そして、「最初からお金が目当てだったのね・・・」と七桜にお金をにぎらす

七桜は、女将にお金を突き返す

「わたしは、椿さんと結婚するんです・・・椿さんに言われない限り、ここを出ていきません」と言う七桜

すると、女将の顔は怒りで満ちた顔になる!

「椿はね!自分と同じ美しい蝶としか子孫を残さないの!よそ者はいらないのよ!!!」と怒りをあらわにする

そして、七桜の荷物を庭の池に放り投げる女将

高らかに笑いながら「二度と光月庵に足を踏み入れないでしょうだい」と言うのです

七桜は、母から譲り受けた御菓子の型を失うわけにいかないと、池の中に入っていく

そこに登場する椿

椿は、躊躇することなく池の中に入っていき、七桜の荷物を拾い上げる

女将は、椿の行動に「椿さん!」と叫ぶ

椿は「七桜にはもうすこしここにいてもらいます・・・白藤屋さんから、最中を20個お願いしたいと注文が入りました・・七桜さんが作ったもので・・という指名つきです」と言う

そして・・・

その裏には、実は、一巻で登場したひげ面の和装男が一枚噛んでいる

白藤屋の女主人に頼んで、七桜を指名して最中を注文させたのは、このひげ面の和装男だったのです

>>「BE・LOVE」作品をチェックする

椿は大旦那様の本当の孫じゃない?

そして、光月庵のあんこを習得するための特訓が始まる

あんこは和菓子の命!

椿の厳しい指導の元、七桜は熱いずんどうと向き合う特訓をひたすらこなしていく

けれど、そんな姿を女将が黙ってみているわけもない!

女将は職人頭の富岡に色仕掛けで、七桜の邪魔をするようにお願いをする

職人頭の富岡に「厨房は使わせない」と言われる七桜

それを見ていた椿が、「白藤屋の件が終わるまで厨房を使わせてほしい」と言うが、富岡は「光月庵の当主は大旦那様(椿の祖父)だ。あんたには何の権限もない」と言い返す

富岡の言葉に何も言い返せない椿

悔しそうに壁をたたいている

それを見た七桜は、椿でもこのお店を思い通りにできない立場なんだ・・・と知る

そして・・・そこに現れるのがこの店の大旦那である椿の祖父

椿は、この店の厨房をしきる権利をわたしに下さい・・・と頭を下げる

けれど、「わたしの本当の孫じゃない椿にはこの店は継げん」と答えるのです

大旦那様の言葉に「え?」と思う七桜

>>ドラマ化・アニメ化人気コミックをチェック!

厨房を取り戻すために!

椿は光月庵に代々伝わる御菓子の型を七桜に見せる

120年前・・・店主が可愛がっていた愛弟子にまんじゅうの製造方法を盗まれ、一度は経営が傾いたことがある光月庵

それ以来、光月庵は血縁をなによりも重んじ、盤石な経営を営んできた

御菓子の型を見ながら「この道具はその象徴だ・・・道具には職人の魂がこもり、店を継ぐものだけに代々譲渡される・・・」と話す

そして、大旦那である祖父には、自分は、女将の不貞でできた子供だと思われていると話す椿

だけど、もしそうだといっても、血のつながりになんの意味があるんだ・・・と言って、「大切なのは和菓子に対する情熱だ」という椿の背中を見る七桜

椿は、この店は誰にも渡さない・・・と、女将の着ている着物を羽織って富岡をおびき寄せる

のこのことやってきた富岡は、女将がいつも来ている着物に目を囚われ「屋敷の中じゃさすがにまずいでしょ・・・でも、それも悪くないな・・・」と手を出してくる

羽織っている着物をぬぐと、そこにいるのは椿

職人頭の富岡に、弱みをにぎったとばかりに「厨房を返してくれますか?」という椿
>>「安藤なつみ」の作品をチェックする

白藤屋の信用を勝ち取ったふたり!

こうして、再び厨房であんこ作りを再開した椿と七桜

椿は「あんこ作りは、作るものの感情に左右される・・・自分を映し出す鏡みたいなものだ」という

「だから・・・俺はあんこを作るとき、すこし怖い」という椿

椿の言ったその一言を「どういうこと?」と思っている七桜

 

そして、椿と一緒に仕上げた最中を白藤屋に持参する七桜と椿

白藤屋のおかみは最中を食べて「あら・・・昔からいただいていた光月庵さんの味ね」と満足そうな顔をする

今回作った最中は、椿と七桜で話し合って試行錯誤の末に作りあげた最中

変わらないんてはずはない・・・と、最中を一口食べる椿

けれど、口に広がるのは、昔ながらの光月庵の最中の味

どうして?となる椿

すると、横から七桜が、白藤屋さんは今まで最中を注文したことがありませんよね?と言って

白藤屋の女主人は、思い出したように「そうかも」と答える

七桜は「ですから、白藤屋さんにとっての最中は、日常の中でふっと食べたくなって買われるような・・・ほっとするような御菓子だと思ったんです」という

もちねこ

七桜は、普段、光月庵で売っている最中と、椿と一緒に作り上げた最中を事前に入れ替えたんですね!

それを聞いた白藤屋さんは「ええ!そう!そうだわ!」と幸せそうな顔になる

前回の失態を水に流し、これからも御菓子は「光月庵」さんで頼みたいという白藤屋の女将

けれど、椿は、七桜がいつの間にか最中を入れ替えていたことが気に入らない

帰り道、「なぜ一言相談がなかったのか?」と七桜を責めるが、七桜は「言ったら反対すると思ったから!」と言い返す

険悪なムードになるふたり

「こんなんで結婚式とか・・・どうかしてるな」という椿だが

七桜に手を差し出し「一度、夫婦らしいことしてみるか?」と聞く

七桜は、差し出された手にそっとふれて・・・

こうして、ふたりは手をつないで帰るのです

>>今人気の女性漫画ランキングをチェックする!

大旦那様の怒りに触れた七桜

光月庵に帰った七桜は、大旦那さまに夕食の場に誘われる

夕食の場には、椿や椿の母である女将もいる

大旦那は、七桜が、白藤屋に昔ながらの光月庵の最中を持って行ったことに大満足している

そして、「落雁」という御菓子について語りだす大旦那さま

落雁に対して大旦那さまは特別な思い入れがあるようだが、椿が、落雁はあまり売れないという理由で店頭から外すといっているのを「愚かでどうしようもないやつだ」と言う

七桜は「椿さんは大旦那さまに負けないくらいこの店を大事にしています」と言い返す

七桜の返事に驚いた顔をする大旦那だが「私はだまされんぞ・・・」と怖い顔になる

そして・・・

椿と七桜は部屋も別々・・・おたがいまともに目も合わせない・・・わたしをだまそうと思っても無駄だ!と言うのです

大旦那の異様な空気に飲まれて動けなくなる七桜

すると、椿が、自分の祖父である大旦那の頭に水をかけ「僕の妻をいじめないでください」という

そして、今夜から、七桜と部屋を一緒にすると宣言するのです

椿のことを苦々しい顔で椿を見る大旦那

もちねこ

この祖父である大旦那様の立ち位置が、大変、微妙でして・・・
やさしかったり・・・怒り出したり・・・だれの味方なの???
今、わかるのは、椿のことを、自分の血をちいていない孫だと思ってて、この店を継がせたくないと思っているってことだけ!

>>雑誌「BE・LOVE」を試し読みしてみる

反発しあいながらも結ばれるふたり

こうして、その夜から七桜は椿の部屋で寝ることになる

椿の横で寝ながら緊張する七桜

すると、横にいる椿が、昔、この家に「さくら」という女の子がいた話をしだす

椿は、「さくら」はこの家の唯一の明かりだった・・・と言う

椿が、自分の話をしだしてドキドキする七桜

椿は七桜の手のひらを触って「あんたの手は太陽丘の手で、こういう手が俺の隣に居たら、なにか変わるんじゃないかと思ったんだ・・・」と言う

最初は、利用するだけ利用すればいいと思っていたのに・・・

七桜の存在がいつの間にか心の奥に入り込んでいることに椿自身が戸惑ってて・・・七桜に背中を向ける

七桜は、いとしさが膨らんで椿の背中にくっつく

驚いた椿は、七桜の方を振り向いて、キスをするのです

反発しあいながらも惹かれあっているふたりはついに結ばれる

そして、椿に「もし、その“さくら”って子が再び現れたらどうする?」と聞く七桜

椿は、七桜を抱きながら「消えてもらうよ」と答えるのです・・・・

そして、そのころ・・・

七桜の素性を調べていた女将が七桜の調査報告書を見ている

そして、女将は、七桜が、昔、この家にいた和菓子職人の娘だということを知るのです!

もちねこ

大旦那様は椿は、女将の不貞でで来た子供だと思ってて

この店を継がせたくない気持ちでいっぱいです!

本当に、椿は、大旦那様と血のつながりがないのか?それともあるのか?気になるところです

そして!

1巻に引き続き登場したひげ面の謎の男!

彼は七桜の味方なのかな?

謎がなにひとつ解決しないまま!

ハラハラモード全開の2巻でした!

コミック版を試し読みする
こちらの記事は、おおまかな流れを紹介しています。
美しい絵と合わせて、このコミックの世界観を楽しみたい方は、
ぜひ、こちらをチェックしてくださいね!

大好評配信中!

ebookjapanはオトクがいっぱい!