「ばいばいリバティー 4巻」第14話 ネタバレ考察【別マガ 2017年 11月号】

IMG

前号のふりかえり
もちねこ元カノの登場ですれ違ってしまった匠と理奈。匠は、タイミングが合わない同士なのだと諦めようとした時、瑠叶が「俺が鈴木さん(理奈)を好きになってもいい?」と匠に聞いてきて・・・そして・・・それで・・・どうなった!?の続きです
IMG「ばいばいリバティー 4巻」13話 八田鮎子【マーガレット2017年 10月号】
MEMO
「ばいばいリバティ-」第14話は、コミック4巻に収録されると思われます
attention
この記事には「ばいばいリバティー 第14話」のネタバレが含まれます。ネタバレNGな方は戻るボタンをお願いします

「ばいばいリバティー 第14話」の見どころ!

結果のために好きになるんじゃない

瑠叶の「俺が鈴木さん(理奈)を好きになってもいい?」発言に驚く匠

「冗談だろう?」と聞きますが、瑠叶は、クリスマスに理奈を誘うと言います

瑠叶が理奈を・・・?と、状況がいまひとつ把握できていない匠

瑠叶は、母親からタイミングよくプレゼントされたクリスマスディナー券を見せ「鈴木さん(理奈)と過ごしたいんだ」と理奈を誘います。

理奈は、「気晴らしのつもりでいいから」という瑠叶の言葉に、気晴らしということなら・・・と、一緒に行く約束をします

瑠叶から、クリスマスは、鈴木さんと過ごすことになったとSNSをもらう匠

急に焦ってきて、あわてて、バイトの休みを取り、当日、ふたりの後をこっそりつけることにするのです

おしゃれして瑠叶との約束の場所に来た理奈の姿に、イライラするんですが、自分の行動を恥ずかしいとも思っていて、その気持をさらに追い打ちをかけるような雰囲気のいい感じのふたりの姿に、自分を「バカみたい」と思い結局帰るんですね

家に帰り、もし、ふたりがつきあったら・・・と考えているとインターホンが鳴ります

出ると、そこには元カノの姿があって、「私とやり直してくれませんか」と告白される

「もう一度、あの頃みたいに一緒にいられたらなぁ」って言う彼女に、はっきり、「俺、好きな子いるから」と答える匠

ふられたものの、気持ちがすっきりしたという元カノに、「なんか、すげぇな おまえ」と感心する匠に、元カノが、「結ばれないなら告白って意味ないかな?」「人に気持ち伝えるのは 結果のためじゃないよ」と言うんです

その元カノの言葉に、笑いがこみ上げてきて「目ぇ覚めた」と言い、匠は、その場を立ち去り、理奈と瑠叶の元へと向かうのです。

そこで、続くとなっています

もちねこの考察

文章では伝わりませんが、実際、読んでみると、瑠叶は、理奈に本気って感じじゃないんですよ・・・

自ら、当て馬になって、匠を煽っているって感じの流れになっています。

元カノが、意外にも、すごく潔さのある女の子でしたよね

「人に気持ち伝えるのは 結果のためじゃないよ」って、元カノのセリフには、じーーーんってきたけど、リアルでは、なかなかそこまで潔くなれないよね!!

だって、振られたら、そこで諦めなきゃだめじゃんねぇ・・・

最後の匠の姿が、むっちゃかっこいいです。

来月号あたりで、無事、すれ違いループが終わるのかな・・・

来月号の展開も楽しみですね。

試し読みはこちらから

Booklive

honto

kindle

▶【kindle】『ばいばいリバティー 1-3巻セット』→ こちらチェック