少女漫画にあるまじき破廉恥さ!爆笑必須の「ぼくの輪廻」4巻【コミックレビュー】

IMG

もちねこ

こんにちは!もちねこだよ!今日は、少女漫画界の衝撃作「ぼくの輪廻」の4巻の電子配信が始まったのでそのレビュー記事にしました。表紙を見ると、絶対「少年マンガでしょ?」という煽りがスパークしているこのコミック。本屋の少女漫画コーナーで、このコミックを見つけた時の衝撃は今でも忘れられません!

「ぼくの輪廻」のここがすごい!

なにがすごいって・・・なんで、このコミック、少女漫画である「Cheese!」で連載してんの?って読む人すべてが疑問に思う破廉恥さ!

ちなみに私が最初に見た表紙がこちら・・・

IMG

「NTRなのに、BLで坊主って・・・?」そりゃ、怖いもの見たさに、思わず、手に取っちゃうでしょ?

ちなみに裏表紙はさらにすごい!!

IMG

坊主がぷるんぷるんのボインちゃんに顔を埋めているんですけど・・・?これ、少女漫画なんだよね?じゃあ、表紙(裏表紙)詐欺ではないの?と、中身をどうしても知りたくて買ったんですよねー・・・・

読んだら、どこを目指しているか全くわからないスパークしている描写の数々に惚れ惚れしたけど!!

男性向けのエロコメ要素と、少女漫画的なラブコメ要素と、さらにBL要素までもぶち込んで!!それでいて、きちんと一本線通ったストーリーになっているのがすごいコミックなんです!

今までのふりかえり

もちねこ7回転生してずっとDTだった乃木は、実は、前世、僧侶時代に、「一生DT」であることを誓ったこじらせ男。

僧侶時代、揺れる胸がチャームポイントの花撫(かなで)のふくよかな胸を触りたくて触りたくて・・・いろいろ燃えたぎる僧侶にあるまじきスケベ心と戦っているんだけど、目の前で親友のアキラと花撫の濃厚なキスを見てしまい、失恋することとなる

しかし、実は、花撫とアキラの大本命は乃木!!

花撫とアキラは、自分こそが乃木にふさわしいと、何度も転生を繰り返し、出会い、失恋を繰り返すのだが・・・

現在は、漫画家である乃木。そして、そのアシスタントである花撫。乃木の親友であるアキラという関係である。

このマンガは、現代の3人の関係を進行させながら、転生前の記憶を途中に挟みながらサンドイッチ方式で楽しむコミックとなっています

attention
この記事には「ぼくの輪廻 4巻」のネタバレが含まれます。閲覧の際にはご注意ください

「ぼくの輪廻 4巻」の見どころ

漫画家・乃木の夢の話を描く別の作家が現れる

乃木のマンガは、乃木の夢を漫画化したもの。

乃木は、平安時代の自分の前世の夢を見て(←乃木は、それが自分自身の前世とは知らない)、さっそく、そのネタを担当の編集者に見せるのだが、なんと、同じ話がすでに別の雑誌で連載が始まっているという

乃木がその作品を読んで見ると、自分が見た夢そのままの内容で、「パクられた!」と思うのだが、編集さんが言うには、これは、986年に起こった実際の事件を元に描かれているからパクリではない。という

乃木は、そのマンガを描く「フナムシデカロー(ペンネーム)」をライバル視し、ネタがかぶっているのに関わらず編集担当者を説得し、無事連載をスタートさせるのです。

しかし、どんなにがんばろうとも、フナムシデカローの描くヒロインのかわいさには今一歩及ばず、いつしかフナムシでカローを意識するあまりおっかけをはじめちゃうんです!!

もちねこ

読んでいたら、いろいろ、何かがおかしい?って思うんだけど、ライバル視するがゆえに、その人に気持ちがすべて集中することで生まれるラブもあるんだなって、妙に説得力があるのが、笑える!!

フナムシデカローの正体は・・・

乃木が見る夢と全く同じマンガを描くフナムシデカローの正体は、実は、花撫!!

花撫も、乃木と同じ前世の記憶を持っており、乃木との違いは、それが自分の前世だとわかっているところです。

花撫は、いつか自分がフナムシデカローだと乃木に告白し、自分の熱い思いを告白したいと思っていますが・・・

乃木がフナムシでカローを意識するあまり、ツンデレ発言を繰り返すんで、嫌われていると誤解ターンに突入中!

そして、その頃、花撫のライバルのアキラは何をしているかというと・・・

少しでも乃木に近づきたくて、自分も漫画家になろうと、下手くそな原稿を出版社に持ち込み中!!

なんといっても絵がドヘタクソですから、どこの編集部に行っても、体よくあしらわれるのですが、花撫のことをロックオンしている編集者から、「ちょっくら漫画家目指してみる?」と言われ、漫画家を正式に目指すことになります!!

大人気の「平安編」がスタート!!

IMG

撮影:もちねこ

平安編では、花撫が斎宮として神様に使える巫女。アキラが、花撫のいとこ。そして乃木が、警護に当たる武士役となっています。

アキラも花撫も、乃木の姿を始めてみたときから、ズッキューーーン!!一目惚れ状態!!

花撫は、ちょっとおバカちゃんなので、自分が神様に仕える身であることがちょっとわかっていません。

んで、チャームポイントであるボインちゃんを、バーーーンッと惜しみなく乃木に見せています!!

水面下ではすでに三角関係がスタートしていますが、まだまだ、それが恋だとはわかっていない花撫のおバカちゃんぶりがかわいい!

平安編の、この三人の関係がどう転ぶのか、まったく先が見えない迷走ぶり!!

読んでいると、その勢いある描写の上手さにグイグイ引っ張られる作品となっています。

この作品が気になった方は、10/26まで、1巻が無料配信中です!!

最新刊「ぼくの輪廻 4巻」電子配信がスタート

試し読みできます
 

もちねこ

正直、下ネタがお好きじゃない方には、オススメはできません。下ネタOK!破廉恥な笑いを大きい心で受け止められる大人女子の方におすすめします。そして、男女問わず、読んでほしい抱腹絶倒コミックです。