「ふしぎの国の有栖川さん 4巻」第15話 ネタバレ考察【別マガ 2017年 12月号】

IMG

もちねこ

今月号の「ふしぎの国の有栖川さん」もすごく面白かったです!スローペースで進む鈴の恋模様・・・お嬢様の鈴の浮世離れしている思考の数々がわらえます!!
IMG
「ふしぎの国の有栖川さん 4巻」第14話 ネタバレ考察【別マガ 2017年 11月号】
MEMO
「ふしぎの国の有栖川さん」第15話は、コミック4巻に収録されると思われます
attention
この記事にはネタバレが含まれます。ネタバレNGな方は戻るボタンをお願いします

「ふしぎの国の有栖川さん 第15話」の見どころ!

野宮君の過去の恋人が気になる鈴。いい雰囲気になったところで…

無事に野宮君にクリスマスプレゼントのマフラーを渡せた鈴

手を離してくれな野宮くんに「手なら充分あたたまりましたので…」と言うのですが、「まだ 有栖川さんのこと 帰したくないなって思ってたら つい」と返事する野宮君

鈴は真っ赤になってしまいます

野宮くんなりの冗談だと思いつつ、野宮君の一言、一言に胸がくすぎられてしめつけられてしまう鈴

鈴は、その気持ちをようやく「恋」だと認めます

シーンは、除夜の鐘が響くお正月へと移り変わります

お友達のなっちゃんたちが遊びに来た時、野宮くんへの恋を自覚したことを話すと

「えっ 今 そこ?」「もうつきあっていると思っていたよ」と言われちゃいます

「やだっなっちゃんたら!誰も野宮くんと将来の約束なんてしてないわよ!」と真っ赤になっちゃう鈴!!

!!

もちねこ

つきあうイコール婚約!?さすがお嬢様の鈴ちゃん!!とってもおかしー!笑!!

「そっかー。ちゃんと男の子として野宮くんのことが好きなのね」とお友達に言われて、アワアワ状態で「好きだけど、“おともだち”として大好きなだけかもっ」と答える鈴に、「すずちゃんの気持ちはモロ見えでしたからー」って冷やかされちゃいます

そして、いつ告白するのー!?と盛り上がる周りなのですが、鈴は、今のままの関係で十分だと思うのです

そして、お友達とお参りに行った先で野宮君達とばったり会います

けれど、挨拶早々、野宮君は用事があり帰ってしまいます

名残惜しそうな鈴に「どしたの?俺がいなくなるのそんなの寂しい?」と聞く野宮君

気持ちがだだ漏れだとなっちゃん達に言われたばかりなので、あせり、真っ青になって「そんなことありませんけど」と答えちゃう鈴ちゃん

もちねこ

恋だと自覚した途端、ぎくしゃくしてしまう鈴ちゃんがかわいすぎです!!

そして後日、野宮くんが「たまたま、落語会のチケットが手に入ったから一緒に行こう」とデート(?)に誘ってくれるのです

落語デート当日

前日、緊張で寝れなかった鈴は、かなりのボーーーーーッという状態

鈴のその様子に「体調悪かったら、無理しなくても」と言ってくれる野宮君

しかし、その時、後ろで、この落語会のチケットが大変取りにくいものであると話しているモブたちの話し声がするのです

「そんなに大変なものだったんですね」「本当にたまたま手に入ったんですか?」

と尋ねる鈴

「うん。たまたまだよ」とちょっと赤くなって答える野宮君

野宮君のその姿に「もしかして、自分のためにがんばってださったのかしら・・・?」と思う鈴

気遣い上手で、やさしい野宮君の姿に一層胸がときめくのですが、丁度横にいたモブの観客が「よく気が利く彼氏ね。女の扱いが上手い男ほど百戦錬磨の遊び人っていうからね」と余計に一言を鈴にささやくのです

そのモブの一言に、野宮くんの過去の彼女の存在が気になり始める鈴

考えすぎて・・・

鈴は、落語会の間、眠ってしまうのです・・・

落語会が終わり、野宮君に起こされ真っ青になってしまう鈴

「本当に失礼しました。ちょっと考え事をしてる内に・・・」と丁寧に謝ります

「考え事って何かあったの?」と野宮くんは聞いてくれますが、野宮君の過去の恋が気になってといえるはずもなく、「いえ、ほんとうに、つまらない事です」と答えます

その後も、野宮君の元カノが気になり、デート(?)に集中ができない鈴。

その鈴の集中していない様子に、野宮くんが額をごつんこさせます

「今日ずっと上の空だね」「俺といてもつまんない?」と聞いてくる野宮君

野宮くんを怒らせてしまったとドキドキする鈴

(悩む前に打ち明ければよかった!)と真っ青になってしまう鈴の様子を見て

野宮くんはにっこり笑って「ひっかかった」「今日あんまり俺の方見てくれないから どうしたらふりういてくれるかなって」と言います

「だますなんてひどい。わたし、てっきり野宮君に嫌われたと思って」とプンスカ状態の鈴

「そんな私を試すようなことしなくても 私の頭の中は野宮くんでいっぱいなのでご心配なく!」と真っ赤になって言っちゃいます

鈴のその言葉に、野宮君もちょっと照れちゃいます

とってもいい雰囲気になったふたりなのですが、ふたりが歩く横から、野宮くんを呼ぶ女性の声がしたところで次回に続くです

もちねこの考察

とってもスローペースに進むふたりの恋にキュンキュンします

特に、野宮くんが、ほんと、かっこいい!!

さりげないオレ様発言と、やさしい笑顔のウエーブに、ときめいちゃいますよ!!

なかなか進展しないふたりにヤキモキする部分もあるんですが、鈴ちゃんが、とっても「変」だから、許せちゃいます

元カノの存在が気になって仕方ない時に、ラストで出てきた女性・・・

野宮君とどんな関係がとっても気になります

次号も楽しめですね

「ふしぎの国の有栖川さん 3巻」が電子書籍で配信されています

【kindle】1-3巻セット買い

【honto】1-3巻セット買い